カブドットコム証券は17日、エネルギー革命として関心が高まり、日本への輸出も解禁されることが決定したシェールガスの関連企業株に投資する「世界シェールガス株ファンド」など2つのファンドの新規取扱を6月24日に開始すると発表した。もう一つの「CAMベトナム株式ファンド」は同社取扱ファンドで初というベトナム株のみに投資するファンド。

2ファンドは同社初の取り扱いとなるキャピタルアセットマネジメントの投資信託であり、取扱委託会社は36社に拡大する。これにより、同社取扱の投資信託は409ファンド(うちノーロードファンドは207ファンド)となる。

今後も顧客の多様な投資ニーズに対応できるよう、投資信託の取り扱いを拡大していくとしている。

中東や新興国に偏っていたエネルギー資源の地図が大きく塗り替えられ、エネルギー関連産業に大きなインパクトを与えている。米国を中心に先行するシェールガスの探査、開発、生産など関連業務に携わる企業の株式に投資する

世界シェールガス株ファンド <2013年6月24日(月)追加(予定)>申込単位/一般型 1万口以上1万口単位、累投型 500円以上1円単位

申込手数料2.1%〜0%(税込)

チャイナプラスワンで、生産拠点としての重要性が高まっているベトナム。インドシナ半島最大の9000万人近い人口を有し、中間層拡大で消費市場としての魅力も高まりつつあるベトナム株式に投資する

CAMベトナムファンド <2013年6月24日(月)追加(予定)>申込単位/一般型 1万口以上1万口単位、累投型 500円以上1円単位

申込手数料2.1%〜0%(税込)