共演女優にチクられたことに激怒! チャーリー・シーン (c)Hollywood News

写真拡大

47歳の俳優チャーリー・シーンが、彼の主演ドラマ「アンガー・マネージメント」の共演女優である40歳のセルマ・ブレアに激怒し、同番組のプロデューサーに彼女をクビにすることを要求したことが明らかになった。

チャーリーは同番組で怒り抑制セラピーのセラピストに扮しており、セルマは彼の同僚であり愛人の女性を演じている。ゴシップサイト「TMZ」によると、セルマは同番組のプロデューサーに、チャーリーがいつも遅刻をして、手抜きの仕事をしていると不満を言ったようだ。

そのことを聞いたチャーリーは激怒し、1エピソードにつき脚本40ページ分の台詞をおぼえている主演の自分と、たった2ページ分の台詞しかおぼえなくていい助演であるセルマとの立場の違いをプロデューサーに主張したのだという。さらに彼はセルマをクビにしたと周りに言いふらし、もしセルマがセットに戻って来たら、自分は働かないと言っているらしい。すでに彼がお気に入りの女優であるミラ・クニスに1エピソードにつき100万ドル(9486万円)のギャラで10エピソードをやってもらうというオファーを出したという噂も出ている。

同番組のプロデューサーはなんとかチャーリーが機嫌を直してくれることを祈っているようだ。アンガー・マネージメント(怒り抑制セラピー)が必要なのは、チャーリー自身なのかもしれない。 【村井 ユーヤ】