ANA客室乗務員(CA)として12年。500万人のお客様の対応で気づいた、行動・言葉・気づかい・テーブルマナー・習慣とは?テレビ、新聞でも紹介された「100%好かれる1%の習慣」。第18回目は【なぜか、お金もチャンスもやってくる「ご縁の法則」とは?】です。

「良い縁が、良い円を生むんだよ。
だから、人の縁を大事にしなさい」という言葉に気づかされる

 12年間の客室乗務員(CA)を辞めた後、「CS(お客様満足)向上コンサルタント」になったからといって、私はすぐに仕事に恵まれたわけではありません。

 CAをやめた当初は仕事も少なく、週に一度、講師として登壇するかしないか、といった程度でした。
 経済的にもラクではなかったので、将来に対する、心配とも期待ともつかない気持ちを消化できなかったこともあります。

 そんな折、懇意にさせていただいている経営者(Cさん)とお話する機会がありました。
 私がつい弱音を吐いてしまうと、その方はこう言って、私の悩みを取り除いてくださったのです。

「良い縁が、良い円を生むんだよ。だから、人の縁を大事にしなさい」

 このCさんの言葉を聞いて、目が覚めた思いがしました。私は「円(お金)を稼ぐこと」や「仕事をいただくこと」に、気をとられすぎていたことに、気がついたからです。

 Cさんが言うように、私に足りなかったのは、「人とのご縁を育むこと」でした。

 その後、「円を求めず、縁を求めよう」と考えをあらためると、すぐに研修会社の営業担当者(Sさん)からお電話をいただきました。研修の依頼です。

「急な仕事ですが、引き受けてくれませんか?」

 詳細をうかがうと、「明日、予定していた講師の都合がつかなくなったので、ピンチヒッターをお願いしたい」といいます。
 ところが…、いつもだったらスケジュールの都合がつく、その当時の私が、その日にかぎって、すでに、別の研修講師の仕事が入っていました。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)