新スーパーマン4億ドルも視野、6月公開作品では歴代最高の出足に。

写真拡大

クリストファー・ノーラン製作、ザック・スナイダー監督という夢のタッグで描く、“新スーパーマン”こと「マン・オブ・スティール」。早くから各方面から注目を集めていた本作品が6月14日、全米4,207館で遂に公開された。すべてのヒーローの頂点であるスーパーマン。しかし、この2人の天才作家による「マン・オブ・スティール」ではこれまでのスーパーマン映画からすべてを一新、その誕生から生い立ち、そして本来の力を自ら封印した主人公が全人類の存亡をかけた絶対の危機に立ち向い、“スーパーマン”と呼ばれるようになるまでを描いた物語――“誰も見たことのないスーパーマンの物語”となっている。

今年のサマー・シーズンでも特筆すべき大ヒットが予想されていた「マン・オブ・スティール」だが、その予想は現実のものとなったようだ。13日の先行興行で1,200万ドル、そして14〜16日のオープニング・ウィークエンド成績は、1億1,308万ドルとなり(Box Office Mojo調べ)、この成績は過去5作の“スーパーマン映画”を軽く凌駕している。

この数字は、最終の全米興行成績200,081,192ドルを記録した2006年の「スーパーマン リターンズ」のオープニング・ウィークエンド成績52,535,096ドルに対して、216%のメガ・ヒット。さらに、2010年の「トイ・ストーリー3」、2009年の「トランスフォーマー/リベンジ」ら最終興行収入4億ドルを超えの大ヒット作を上回り、6月公開作品として歴代1位となった。

こうしたことから、「マン・オブ・スティール」の最終の全米興行成績は4億ドルを上回る可能性も高く、先行する「アイアンマン3」超えに向けて、2013年の全米サマー・シーズン制覇へ最高のスタートを切った。

また、全米と同時期にイギリス(ウィークエンド成績17,100,000ドル)、韓国(同8,800,000ドル)、メキシコ(同9,800,000ドル)など世界24か国でも公開され、いずれのテリトリーでも大ヒット。「スーパーマン リターンズ」の海外最終成績である191,000,000ドルの少なく見積もっても2倍の成績となると予想されている。

米国に負けず劣らす、日本でのスーパーマン人気は高い。最初のテレビシリーズは1956年からTBS系列で放送され、1958年には最高視聴率74.2%を記録した。そして映画化の第一作目となる1979年日本公開の「スーパーマン」は配給収入28億円(現在の興行収入に換算すると約56億円)を挙げ、この年の洋画No.1ヒットに。“新スーパーマン”旋風はまだ始まったばかり。8月30日の日本上陸まで、数々の記録を打ち立てることになりそうだ。

映画「マン・オブ・スティール」は8月30日(金)新宿ピカデリーほかにて全国ロードショー。