統一球問題の裏に大量生産の弊害

ざっくり言うと

  • 統一球は2011年から導入され、NPBと契約したミズノが中国の工場で製造している
  • 輸送や通関のトラブルも想定し1万ダースを常備することも求められている
  • 大量生産による質のばらつきは避けられないようだ

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング