木材利用ポイント事務局は、平成25年7月1日(月)から木材利用ポイント事業において、ポイントの発行及び商品等への交換を開始する。
「木材利用ポイント事業」とは、地域材を活用した木造住宅の新築、内装・外装の木質化、木材製品等の購入の際に、木材利用ポイントを付与し、地域の農林水産物などとの交換を行う制度で、地域材の利用を促進することで、国内における森林の適正な整備・保全や地球温暖化防止とともに、農山漁村地域の振興を図るというもの。

その「木材利用ポイント事業」におけるポイントの発行及び商品等への交換が、平成25年7月1日からいよいよ開始される。申請対象者は、木造住宅の新築等、内装・外装の木質化工事、木材製品の購入等をした人。申請窓口は木材・建築の関連団体など全国に約700カ所程度設置される予定。ポイントの発行・商品交換の申請窓口の連絡先などは、後日木材利用ポイント事務局のホームページで発表される予定。
なお「木材利用ポイント事業」の対象期間は、平成25年4月1日から平成26年3月31日までに工事に着手するもの。ポイントが発行されるためには、あらかじめ事務局に登録工事業者等としての登録が必要となる。