ジョン・M・チュウ監督

写真拡大

パラマウント・ピクチャーズとMGMが、「G.I.ジョー バック2リベンジ」のジョン・M・チュウ監督に、シリーズ第3弾のメガホンを再び託すことがわかった。

「G.I.ジョー」は、アメリカのミリタリーアクション人形を下敷きにしたアクション映画で、2009年にスティーブン・ソマーズ監督、チャニング・テイタム主演による第1弾が公開された。チュウ監督が引き継いだ第2弾「G.I.ジョー バック2リベンジ」は、ブルース・ウィリス、ドウェイン・ジョンソンがキャストに加わり、3D公開された結果、世界興収3億6500万ドルを記録。日本でも先週末に公開され、No.1スタートをきった。

米Deadlineによれば、スタジオは現在、第3弾の脚本家選定に入っているようで、近々決定すると見られている。

■関連記事
【国内映画ランキング】「G.I.ジョー」首位デビュー!「奇跡のリンゴ」は3位
ブルース・ウィリスは恐かった!?「G.I.ジョー」監督が語る
「G.I.ジョー3」が早くも始動!
【特集】「G.I.ジョー バック2リベンジ」
イ・ビョンホン、「G.I.ジョー2」ジャパンプレミアで菜々緒を称賛