Major Crimes 〜重大犯罪課

写真拡大

惜しまれつつも、ファイナル・シーズンを迎えた大人気クライム・サスペンス『クローザー』。そのスピンオフとして、放送前から話題を呼んでいた『Major Crimes 〜重大犯罪課』がついに8月14日(水)日本初上陸を果たす。

【関連記事】【お先見!海外ドラマ日記】 『クローザー』のスピンオフ『Major Crimes』は、チーフ・ジョンソンの抜けた大きな穴を埋められるか?

『クローザー』の最終話でロス市警の重大犯罪課(Major Crimes Division)を去ることになったブレンダに代わり、チームの指揮を執ることになったレイダー警部。しかし、もともと内務調査を担当してきたレイダーは重大犯罪課のメンバーと折り合いが悪く、その反発に苦戦を強いられることになる。さらに、ロス市警の新たな方針で司法取引による犯人逮捕の効率化が図られるが、"自白"を引き出すことに力を注いできたベテラン捜査官たちはその方針に納得ができず...。

1話完結のスピーディーな展開、事件のシリアスさとその合間に見られる刑事たちのコミカルなやり取りといった、前作の魅力はそのまま引き継ぎながらも、容疑者との"交渉"で事件を解決と導いていく、新しいタイプのクライム・サスペンスに仕上がった本作。スピンオフとして、ファンの期待に応えながらも、新なアプローチが取り入れられ、一味も二味も違った作品に仕上がっている。

前作の後日談とも言える設定の中、主人公のシャロン・レイダー警部(メアリー・マクドネル)やプロベンザ(G・W・ベイリー)、フリン(トニー・デニソン)、タオ(マイケル・ポール・チャン)といったお馴染みのキャラクターが引き続き活躍していく。

毎回発生する事件の傍ら、本作のもうひとつの軸となっているのは、前作の最終話で殺人事件の目撃者としてロス市警の保護を受けることになった10代の少年、ラスティーの物語。親に捨てられ、里親にも馴染めずに路上生活を送っていたラスティーと、レイダーそして重大犯罪課のメンバーたちが少しずつ絆を深めていく様子にも注目したい。

『Major Crimes 〜重大犯罪課』はFOXにて8月14日(水)23:00放送 スタート!



■関連記事
『クローザー』のスピンオフ『Major Crimes』レイダー警部の夫役にあの俳優が!!
『NCIS』マイケル・ウェザリー、『クローザー』スピンオフにゲスト出演
8月の"LaLa TV"注目の海外ドラマをご紹介!