”世界経済の牽引役”20カ国に投資! 「日興グラビティ・グローバル・ファンド」

写真拡大

日興アセットマネジメント(以下、日興アセット)はこのほど、追加型投信「日興グラビティ・グローバル・ファンド(愛称:GG10+10)」を7月31日に設定、運用を開始する予定であると発表した。募集はSMBC日興証券にて7月1日から行う。

同ファンドは、「経済の高度化」を実現できる国が今後の世界経済の牽引役を担うとの考え方に基づき、先進国10カ国、新興国10カ国の計20カ国を選定し、投資するというもの。投資対象国は、日興アセットが独自開発した評価ツール「アドバンス・マトリクス」を使用して選定するほか、国別配分比率は、国際経済学の考え方「グラビティ(引力)理論」を活用して決定する。

「アドバンス・マトリクス」とは、各国の成長力を評価するためのツール。生産技術や産業高度化といった「経済の高度化」の観点を評価項目に含んでいるのが特徴で、同ツールでの評価が高いほど、株価リターンが高い傾向が見られるという。

「グラビティ理論」とは、「2国間の貿易量は、経済規模が大きく、距離が近いほど大きくなる」という考え方のこと。この理論を基に、各投資対象国の経済規模や各国間の距離から理論貿易量を推計、実際の貿易量と比較することで、見込まれる貿易増加量を算出する。さらに各国の株式時価増額構成比などを考慮した調整を行い、最終的な国別配分比率を決定する。

購入単位は、新規購入時は10万円以上1円単位、追加購入時は1万円以上1円単位。購入価額は、当初申込期間中は1口当たり1円、継続申込期間中は購入申込受付日の翌営業日の基準価額となる。当初申込期間は2013年7月1日〜7月30日、継続申込期間は2013年7月31日〜2014年10月10日。信託期間は2023年7月12日まで(2013年7月31日設定)、決算日は毎年7月12日(休業日の場合は翌営業日)。

日興アセットは今後も、投資家の資産形成の一助となる商品の開発と優れた運用パフォーマンスの提供に尽力していくとしている。