富士急行 2013年3月15日〜6月14日・日足 

写真拡大

<剣持アナリストの過去記事>

タカタ(7312)はシートベルトで高シェアの自動車部品メーカー

シチズンホールディングス(7762)が資産効果で注目! 

リゾートトラスト(4681)は中長期的な成長が期待できる

富士急の株価(6/14終値):1051円 予想PER:85.5倍 PBR:6.73倍 予想配当利回り:0.48%

買い目途:25日移動平均線付近(1000円近辺)で押し目を拾いたい

目標株価:年初来高値1199円をクリアすれば1320円が射程に入る

富士山の世界文化遺産登録で株価が急騰

 富士急行(9010)はレジャー施設「富士急ハイランド」の運営や、鉄道・バス事業などを手掛ける。

 2014年3月期は富士山の世界文化遺産への登録を追い風に、国内外からの観光客増加を見込む。通期の営業利益は前期比10.8%増の38億円、最終利益は同4.7%増の13億5000万円となる見通し。

 株価は富士山の世界文化遺産登録が有力と報じられたことを受けて、5月2日に年初来高値(1199円)をつけた。その後は、短期筋の利益確定売りが出る形で調整に入り、現在は1000円の大台を挟んだもみ合いとなっている。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)