アトラクションが新『スター・ウォーズ』版なのかも気になるところです
 - Michael Ochs Archives / Getty Images

写真拡大

 米フロリダ州にあるウォルト・ディズニー・ワールド・リゾートに、2018年までに映画『スター・ウォーズ』の新しいアトラクションが建設されるかもしれないとTheme Park Insiderが報じた。


  関係者の話によると、建設場所として予定されているのは、テーマパークの一つである、ディズニー・ハリウッド・スタジオ内とのこと。同テーマパークは改装計画が進行中らしく、『カーズ』のアトラクションも登場することになっているという。


  『スター・ウォーズ』の世界を3Dで体験する既存のアトラクション、スター・ツアーズと何らかの形で合体するだろうと見込まれているが、舞台となるのはルークたちの故郷であるタトゥイーンなのか、帝国が築かれたコルサントなのか、もしくは不特定の惑星になるのか、具体的には明らかになっていない。


  現在5年の建設計画が見込まれているというが、新生『スター・ウォーズ』の2作目が公開される予定の2017年に間に合うよう、ディズニーは予算拡大する可能性もあるという見方も出ているようだ。(鯨岡孝子)