東京都・吉祥寺に”コーヒーハンター”の店「ミカフェート」オープン

写真拡大

JR東日本グループのジェイアール東日本フードビジネスは、ミカフェートと業務提携を行い、27日、アトレ吉祥寺内に「ミカフェート アトレ吉祥寺店」を新規開業する。

「ミカフェート(Mi Cafeto)」はスペイン語で「私のコーヒーの樹」の意味。同店では、”コーヒーハンター”の異名をとるというミカフェート 代表取締役・川島良彰氏が世界各地を回り厳選した様々な品種、銘柄の常時約20種類のコーヒー豆の販売やコーヒー関連器具、書籍などのほか、ハンドドリップで淹れるコーヒーの販売を行う。

川島氏がセレクトしたコーヒー豆をすべてのメニューに使用し、注文を受けてからハンドドリップで淹れて提供。ドリンクは、3つのコーヒーブランド<グラン クリュ カフェ>(1,000円)、<プルミエ クリュ カフェ>(700円)、<コーヒーハンターズ>(400円)のほか、より気軽に楽しめるオリジナルブレンド<メディア・ルナ>(300円)を用意。メニュー数は18となる。

また、シャンパンボトルに入ったユニークな加圧包装を施したモンテカルロス農園パカマラ(エル・サルバドル)産「グラン クリュ カフェ」(フルボトル12,000円〜)も販売。焙煎したてのアロマを逃さず、ギフトにも適しているとのこと。

オープンを記念して、6月27日・28日の2日間、先着200名(2日間で合計400名)に、家庭で楽しめるドリップバック・カフェ”エンテ”をプレゼント。29日には、川島氏が同店に来店する。

6月27日〜7月3日は、同店限定でジャン=ポール・エヴァンのケーキ「キュピュアシュ」を販売。ミカフェートのコーヒーと、ジャン=ポール・エヴァンの相性を楽しめるという。

住所は、東京都武蔵野市吉祥寺南町1-1-24 アトレ吉祥寺1F。営業時間は7時30分〜22時。店休は、アトレ吉祥寺店に準ずる。