本場メキシコの老舗蒸溜所製造のプレミアム・テキーラを発売 -アサヒビール

写真拡大

アサヒビールは7月9日、メキシコ「エラドゥーラ」社のテキーラ「エラドゥーラ」3アイテム、「エル ヒマドール」2アイテムを全国で新発売する。各瓶750mlで、価格はオープン。

「エラドゥーラ」社は、1870年に創業したテキーラ生産の中心地、ハリスコ州アマティタン村にある、メキシコでもっとも歴史のある蒸溜所の1つ。添加物や酵母を一切加えない天然発酵や、メキシコのテキーラ法の規定より長く樽熟成させるといったこだわりの製法で、高品質なプレミアム・テキーラを生産しているという。

「エラドゥーラ」は、ハリスコ州の2大テキーラ産地の1つであるバジェス地方で作られるプレミアム・テキーラで、「アネホ」「レポサド」「プラタ」の3アイテムで展開。いずれもブルーアガヴェを100%使用し、熟成にはアメリカンホワイトオークの新樽を使用している。ブランド名は、馬の脚に打ち付ける蹄鉄(ていてつ)の意味で、ラベルにもデザイン。蹄鉄はメキシコでは幸福の象徴とされているという。

「エル ヒマドール」は、「レポサド」「ブランコ」の2アイテムを発売。価格が手頃で、原料にアガヴェを100%使用したテキーラとしては、本場メキシコで最大の販売量を誇るブランドとなるという。ブランド名は、ラベルに描かれているアガヴェを収穫する職人を意味する。