松屋、”きんぴらと半熟玉子”など3種のトッピング牛めしを発売

写真拡大

松屋フーズは20日、一部店舗を除く全国の「松屋」にて、3種類のトッピング牛めしを新発売する。

「夏野菜山形のだし牛めし」(並430円、大盛530円)は、夏野菜と香味野菜を細かくきざみ、醤油などであえた山形の郷土料理である”だし”をトッピングした、さっぱりとした味わいが特徴となっている。

「ピリ辛ネギザーサイ牛めし」(ミニ400円、並450円、大盛550円、特盛650円)は、白髪ネギとザーサイを松屋特製ラー油であえ、シャキシャキの食感に仕上げた。「きんぴらと半熟玉子牛めし」(並380円、大盛480円)は、きんぴら、半熟玉子、青ねぎのほどよいバランスが楽しめる。

3商品とも化学調味料、人工甘味料、合成着色料、合成保存料を使用せず、身体に優しい自然の味となっているという。各商品とも、持ち帰りも可能。その場合は、みそ汁50円は別料金となる。