●偶像-トロスト区攻防戦?-

(画像:「進撃の巨人」公式Webサイトより)
©諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会


●キャスト
エレン・イェーガー:梶裕貴
ミカサ・アッカーマン:石川由依
アルミン・アルレルト:井上麻里奈
ライナー・ブラウン:細谷佳正
ベルトルト・フーバー:橋詰知久
アニ・レオンハート:嶋村侑
ジャン・キルシュタイン:谷山紀章
マルコ・ボット:逢坂良太
コニー・スプリンガー:下野紘
サシャ・ブラウス:小林ゆう
クリスタ・レンズ / ヒストリア・レイス:三上枝織
ユミル:藤田咲
トーマス・ワグナー:須嵜成幸
ミーナ・カロライナ:安済知佳
ダズ:田久保修平
ハンネス:藤原啓治
フーゴ:陶山章央
ドット・ピクシス:田中正彦
イアン:村上裕哉
キッツ・ヴェールマン:志村知幸
グスタフ:四宮豪
アンカ:葉山いくみ
エルヴィン・スミス:小野大輔
ハンジ・ゾエ:朴璐美
リヴァイ:神谷浩史
キース・シャーディス:最上嗣生
グリシャ・イェーガー:土田大
カルラ・イェーガー:鷹森淑乃
ニック司祭:麻生智久
バルト候:高口公介
リコ・プレツェンスカ:鷄冠井美智子

●ストーリー
突如現れた多数の巨大生物「巨人」の侵攻により、人類は存亡の危機に瀕するも、生き残った人間達は、三重に築かれた巨大な城壁内側に生活圏を確保することで、一時的な安全を得るに至っていました。
城壁による平和を得てから約100年後。城郭都市の外縁地区「ウォール・マリア」南端より突出したシガンシナ区にて、父・グリシャと母・カルラ、幼馴染のミカサと暮らす少年エレンは、親友アルミンと共に、幼い頃から「壁の外に出て世界を探検すること」を夢見ていたのですが…。
エレンが10歳を迎えた年、突如として現れた「超大型巨人」を尖兵としてシガンシナ区及びその一段奥のウォール・マリアまで侵入、しかもエレンの母は彼の目の前で巨人により殺害されてしまいます。
巨人への復讐を誓ったエレン、そしてミカサとアルミンは第104期訓練兵団に入団したのですが…(第2話までのあらすじ)
●前回のあらすじ
巨人化能力を本来は同志である兵団に見せたエレン。しかし、兵団は彼を人類の敵と看做しているのですが…。

そんな彼を救ったのは駐屯兵団の司令官であり、この地区の最高責任者であるドット・ピクシス。

エレン達の運命や如何に?
●絶望と逃亡
巨人化したエレンがトロスト区の破壊された門を岩で塞ぐ、こんな皮算用ですら無いアルミンの思い付きの作戦を即座に実行するドット・ピクシス。しかしながら、

エレン「訝しがっても意味が無い。それより、敵は巨人だけじゃない!」

もちろんその作戦を知らされたトロスト区駐屯兵団でも、

兵士「嫌だ、こんな無意味な集団自殺!」

兵士の中に自殺や逃亡を決め込む者も多数。大混乱をきたしています。
●作戦立案
ドット・ピクシス「注目!これよりトロスト区奪還作戦を決行する!この作戦は穴を防ぐことにある!」

ここは彼がエレンの巨人化の件を上手く説明したものの、殆どの者はドット・ピクシスが何を言っているのか良く分からない状況。

とは言え、こうしている間にも巨人はトロスト区に侵攻してくるため時間的猶予は無く、確証が無いアルミンの作戦に賭けざるを得ないのです。

もちろん逃亡を決め込む兵士も多数いるのですが、

ドット・ピクシス「儂が命ずる!今、この場から立ち去る者の罪を免ずる!そして諸君らの家族に同じ恐怖を味わわせるが良い!」

彼の激により多少は戦おうとする勇気が出てきた者も増えたようです。どちらにしてもウォール・ローゼが破られれば人類の半分は滅ぶ事は必定、それが4年前の奪還作戦での2割の戦死者、という名前の口減らし。これ以上の巨人の侵攻を許せば、しかも大規模でなされるだけなのですから。
●恐ろしく曖昧な根拠
「恐ろしく曖昧な根拠」

エレンの巨人化能力、そして彼が大岩を持ち上げて穴を塞ぐ事。これらは全て恐ろしく曖昧な根拠に成り立っています。しかし、ドット・ピクシスはそれらを全て承知の上でこの作戦を実行するわけです。前衛に立ったリコ・プレツェンスカはその事をエレンに伝えると、

エレン「絶対に成功させる!」

エレンは最前線で巨人化能力を発動させ、大岩を持ち上げようとしますが…。何故か彼は立ち止り、ミカサが待機している建物を拳で破壊!

巨人化したエレン、まさかの暴走か!

「進撃の巨人」、次回もお楽しみっ。


【ライター:清水サーシャ】


【関連記事リンク】
【アニメ】「進撃の巨人」第10話「アルミンの力」(ネタばれ注意)
【アニメ】「進撃の巨人」第9話「魔女裁判」(ネタばれ注意)
【アニメ】「進撃の巨人」第8話「エレンの生還!」(ネタばれ注意)
【アニメ】「進撃の巨人」第7話「味方の巨人」(ネタばれ注意)
【アニメ】「進撃の巨人」第6話「ミカサのマフラー」(ネタばれ注意)
▼外部リンク

「進撃の巨人」TVアニメ公式Webサイト