●そして、それぞれの舞台の幕が上がり、祭りは最高にフェスティバっている。

(画像:「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。」公式Webサイトより)
© 渡 航、小学館/やはりこの製作委員会はまちがっている。

●キャスト
比企谷 八幡(ひきがや はちまん):江口拓也
雪ノ下 雪乃(ゆきのした ゆきの):早見沙織
由比ヶ浜 結衣(ゆいがはま ゆい):東山奈央
戸塚 彩加(とつか さいか):小松未可子
材木座 義輝(ざいもくざ よしてる):檜山修之
比企谷 小町(ひきがや こまち):悠木碧
平塚 静(ひらつか しずか):柚木涼香
葉山 隼人(はやま はやと):近藤隆
海老名 姫菜(えびな ひな):ささきのぞみ
三浦 優美子(みうら ゆみこ):井上麻里奈
川崎 沙希(かわさき さき):小清水亜美
川崎 大志:村瀬歩
鶴見 留美(つるみ るみ):諸星すみれ
雪ノ下 陽乃(ゆきのした はるの):中原麻衣
相模 南(さがみ みなみ):寿美菜子
城廻 めぐり(しろめぐり めぐり):浅倉杏美

●ストーリー
千葉市立総武高等学校に通う高校2年生の比企谷八幡は幼少時から友達ができず、その結果友達を作ることを諦め「ぼっち」を極めようとしていたが、生活指導担当の教師、平塚静に目をつけられ、学校一の美少女、雪ノ下雪乃が所属する「奉仕部」に入部させられた。奉仕部は生徒の問題を解決する手助けをする部であり、表立ってはその活動が明らかにされておらず、静による紹介によって生徒が送り込まれて来る。

奉仕部に入部した八幡は、彼とは正反対のカーストに属する由比ヶ浜結衣、中二病全開の材木座義輝、テニス部員で可愛い女子にしか見えない戸塚彩加たちと行動を共にするようになる。
●学園祭はBL!?
学園祭、戸塚 彩加と葉山 隼人の舞台劇の練習。海老名 姫菜の演出によって何故かBL風な内容になってしまいます。

その日、雪ノ下 雪乃は学校を欠席し、心配する比企谷 八幡。

さて、今回のお話は…。
●雪ノ下 雪乃の心の中
雪ノ下 雪乃の住む家は高級マンション。そこに見舞いに行く比企谷 八幡と由比ヶ浜 結衣。

雪ノ下 雪乃「どうぞ、上がって!」

彼女の見た目はそれほど体調が悪そうではありませんが、おそらく彼女には過度な負担がかかっているようです。

比企谷 八幡「みんなで助けあうと表面上は言っていたとしても、必ず誰かが貧乏くじを引く。その解決方法は分からないが。」

雪ノ下 雪乃の強がり、比企谷 八幡の発言、もちろん由比ヶ浜 結衣はそれを分かってはいるけれど…。

雪ノ下 雪乃の心の中には誰も踏み込めないようです。
●スローガン
雪ノ下 陽乃も参加の文化祭の打ち合わせ。様々なスローガンが出されるも、比企谷 八幡の「人」というスローガンの趣旨は言い得て妙。

雪ノ下 陽乃、バカ受け!

※他人任せの実情を見事に表しています。もちろん、却下!
●文化祭、開幕
戸塚 彩加と葉山 隼人の舞台劇の上演、gdgdながらも原作通りのはずなのにBL風になってしまうのは何故?

海老名 姫菜、悶え死に!

文化祭を含めて、比企谷 八幡は常に斜め上の視点でこれらの状況を眺めているのですが…。

由比ヶ浜 結衣が持参したハニートースト(としては少々お粗末君)を食す比企谷 八幡。その代償として彼女とデートをする事になりますが…。

相模 南、便所飯!

「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。」、次回もお楽しみっ!


【ライター:清水サーシャ】


【関連記事リンク】
【アニメ】「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。」第10話「やりたくもない事を引き受ける、本当は満更でも無い。」(ネタばれ注意)
【アニメ】「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。」第9話「負い目」(ネタばれ注意)
【アニメ】「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。」第8話「ぼっちを解消するにはぼっちだらけにするしかない!」(ネタばれ注意)
【アニメ】「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。」第7話「美少女でもぼっちになるのは何故か?」(ネタばれ注意)
【アニメ】「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。」第6話「私は帰って来た!」(ネタばれ注意)
▼外部リンク

「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。」TVアニメ公式Webサイト