コンフェデ杯で活躍する国産技術

ざっくり言うと

  • ブラジルの競技場には、大阪市の太陽工業が開発した屋根膜が使われている
  • 断熱効果が高く、普通のテントに比べ5度前後は気温が低下するという
  • 同社は、コンフェデ杯で使用される6施設のうち3つの屋根を手がけている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング