前回の連載では、「評価される人」と「そうでない人」の違いについて、お話ししました。さて本日は、新社会人、もしくは20代の若いビジネスパーソンに対して、会社(上司)が何を求めているか、についてです。

新社会人に対して、
会社(上司)は何を求めているのか

 6月に入り、梅雨の季節になりました。この頃になると、4月に入社してきた新入社員にも、少しずつ差があらわれてきます。

 私は長らく外資系コンサルティングファームに勤めており、社内の新人研修の責任者を務めたこともあります。本日はその経験から言えることとして、新社会人に対して「会社(上司)が求めていること」について、お話をさせていただきます。

 新社会人に求められるのは、「優秀な作業者」であることです。

 上司や先輩からの指示を受けて仕事をすることが多いため、相手が要求したことを確実に実践できることが、「仕事ができる」という評価に直結します。そして、そのために身につけておいてほしい「4つのスキル」があります。

 それは、「聴く」「伝える」「段取る」「動かす」というスキルです。具体的には、下記のような能力です。

 聴く =人の話を正しく“聴く”。または聴き出す
 伝える=言いたいことをわかりやすく“伝える”
 段取る=仕事を計画的に“段取る”
 動かす=気持ちよく人に“動いて”もらう

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)