「やるのだ! 我々の手で!」空前絶後の「ビグ・ザムとうふ」を遊び&食べ尽くしてみた

写真拡大

6月7日に発売された相模屋食品の第三の刺客「ビグ・ザムとうふ」。これを実際にどうやって遊び、どうやって食べるのか? 筆者が実際に入手から組み立て、実食までをやれるだけやってみた。

まずは「ビグ・ザムとうふ」を売っている店を探さねばならない。狙い目は大きいスーパーだ。筆者が発見したのはこの通り、8機の「ビグ・ザムとうふ」が並び、随伴の「ザクとうふ」も多数、まるでドロス級大型空母のようだった。豆腐売り場なのにここだけ黒っぽい……威圧感はさながらガンダムに生身で立ち向かうドズル中将のようだった。ちなみに開店直後には並んでおらず夕方に売り場が出来ていたので、会社帰りの男性客に時間を合わせていたのかもしれない。

購入してきたキットを開封したら、まずは見て触って楽しむ。プラモやフィギュアと比べてもズッシリとくる490gはケタ違いである。脚部で自重を支えないからこその重量だ。どんぶりに置いてみたら丁度いい感じになったので、レッグパーツも置いてみるとこの通り。カラーも考慮するとこれで完成されている気もするので、コアブースターやガンダムを配置してみた。若干、サイコロガンダム的などんぶりビグ・ザムという感じもあるが、スケール感が出ていい。

さて、パッケージから「ビグ・ザムとうふ」を出したら、まずは付属の「ごはん詰め詰めユニット」でジオンごはんを作る。これを土台として、その上に「ビグ・ザムとうふ」を載せるわけだが、このジオンごはんがまたでかい! 茶碗2杯ぶんぐらいのごはんが入るのだ。ボディだけで490gもある「ビグ・ザムとうふ」に約400gのごはん、足を入れると1kg超……これをひとりで完食しろというのか……。これには”ビグ・ザムはアムロとスレッガー2人で倒したでしょ? 単機特攻じゃ勝てませんよ”という設計思想が見え隠れする。もはやこれは食事ではない! ビグ・ザムとの一騎打ちだ! と、覚悟を決めたのだが……。

ここで「ビグ・ザムとうふ」まさかの爆散!!

※要注意「ビグ・ザムとうふ」とジオンごはんのドッキングは予想以上に難しいです! 気安くフィルムをはがして、「あれ? これどうやってごはんの上に置くんだ? ええい! やってみるさ」と勢いで置こうとしてはいけません! 正解はフィルムを8〜9割はがしつつ、フィルムを掌で抑えながらフィルムごとごはんに載せ、その後残りのフィルムをはがして抜き取る、です。

というわけで「ビグ・ザムとうふ」2号機を新たなジオンごはんに載せ、ようやくプロトタイプビグ・ザム丼の状態に。ここですぐに食べるのは迂闊というもの、まずは某サラダ味の棒状の菓子で拡散メガ粒子砲を再現。さらに10円の棒のお菓子で大型メガ粒子砲を発射。これはもう、食卓の主役というよりラスボスである。ここにきゅうりのアンテナを付けて、レッグパーツを置けば完成……だけど。

さて、いよいよこの総重量1kgを超えるビグ・ザム丼を食べるわけだが、ビグ・ザム丼は大きめのスプーンかれんげを使ってごはんと豆腐を同時に、ケーキを切り取るように食べていくと美しく、食べやすい。また、サイズが大きいので全体に醤油をかけるなど1種類の味で全部食べようとせず、いくつかの調味料や食材を用意してあれこれ試しながら食べるとさまざまな味わいが楽しめる。プレーンな豆腐ではなくアボカド風味、というのがここで生きてくるわけだ。1号機が大破した筆者は、1号機の残骸で徹底的に味の検証を行った(無駄死にではないぞ!)。以下のラインアップを用意し、★5つ評価で採点してみたので参考にしてほしい。

・そのまま食べる ★★

さすがに淡泊すぎる感があるものの、いけなくもない。1歳の娘はおいしそうに食べていた。