死人コンビの痛快バディ・ムービー(C)Universal Pictures.

写真拡大

ユニバーサル映画の新作アクション「ゴースト・エージェント R.I.P.D.」(原題:R.I.P.D.)が、10月18日に公開されることが決定した。これにあわせて、死者となった刑事とガンマンのコンビが悪霊を取り締まるという異色作の特報映像が到着した。

成仏できないゴーストたちを取り締まるあの世の組織“R.I.P.D.”の物語。R.I.P.D.は、「安らかに眠れ」を意味するRest In Peaceの略RIPと、部署を意味するDepartmentの頭文字を組み合わせた造語だ。全くタイプの違うふたりがバディを組み、困難を乗り越えるたびに信頼を深めていく姿を痛快に描く。元刑事でR.I.P.D.の新人捜査官ニックを「グリーン・ランタン」のライアン・レイノルズ、19世紀の英雄ガンマンで荒くれ者のロイを「トゥルー・グリット」のジェフ・ブリッジスが演じる。

恋人と幸せな暮らしを送っていた刑事のニック(レイノルズ)は、潜入捜査中に殉職するが、生前の実績を買われてR.I.P.D.にスカウトされる。1800年代から組織で働くロイ(ブリッジス)とコンビを組んだニックは、逮捕した悪霊から世界を滅亡させる陰謀が仕組まれているという情報を入手する。

「メン・イン・ブラック」シリーズを彷彿(ほうふつ)とさせるオフィスが登場し、悪霊たちが引き起こす大騒動が「ゴーストバスターズ」を連想させる特報では、任務のために現世に降り立ったニック&ロイの生前とは異なる姿が笑いを誘う。

「ゴースト・エージェント R.I.P.D.」は、10月18日からTOHOシネマズ日劇ほか全国で公開。

■関連記事
【動画】「ゴースト・エージェント R.I.P.D.」特報
ライアン・レイノルズ、ターセム・シン監督新作に出演?
アニメ映画版「星の王子さま」にジェフ・ブリッジスら豪華キャストがずらり
歌唱力のある映画俳優No.1はジェフ・ブリッジス
ライアン・レイノルズとブレイク・ライブリーが結婚!