<スターツシニア 最終日◇16日◇スターツ笠間ゴルフ倶楽部(6,936ヤード・パー72)>
 シニアツアー「スターツシニア」の最終日は、「全米オープン」に負けない白熱した試合が行われた。首位と2打差3位タイからスタートした中嶋常幸が、同じく3位タイからスタートの室田淳とのデッドヒートを制し、シニアツアー5勝目を飾った。
「スターツシニア」を振り返る!
 
 この日は2人のバーディ合戦となった。中嶋は前半に3連続バーディを含む5バーディ・ノーボギーと5つ伸ばし、首位に立つ。室田は1イーグル・2バーディ・1ボギーで中嶋と2打差で前半を折り返した。後半に入ると室田の追い上げが始まる。室田は10番、12番でバーディを奪い、後半に入りスコアを伸ばせない中嶋を捕らえた。14番は共にバーディで16アンダーに。そして迎えた15番パー4で、中嶋がバーディを決め17アンダーに、室田がパーとし16アンダーのままで1打差がついた。その後は共に1つバーディを奪いホールアウト。中嶋はトータル8バーディ・ノーボギーの“64”、室田は1イーグル・6バーディ・1ボギーの“65”、1打差で熱戦の幕が閉じた。
 また、首位スタートの井戸木鴻樹は、この日3バーディ・4ボギーの通算11アンダー10位タイまで後退。この日はパッティングが入らずスコアメイクに苦しんだ。前半から3つスコアを落とし早々に優勝争いから脱落。その後バーディを3つ奪うも時すでに遅し、初日に11アンダーというビッグスコアだしてアドバンテージがあっただけに信じられない逆転負けとなった。
【最終結果】
優勝:中嶋常幸(-18)
2位:室田淳(-17)
3位T:東聰(-14)
3位T:高橋勝成(-14)
6位T:水巻善典(-12)
6位T:倉本昌弘(-12)他2名
11位:井戸木鴻樹(-11)他2名
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連記事】
ミケルソン、悲願の全米オープン制覇へ王手!
「全米オープン」ならALBAnetでチェック!!
LIVE写真館で国内女子の試合をチェック!
ゴルフ好きな美女を紹介!「今日の美ゴ女」
各ツアーの賞金ランキング