聖地セントアンドリュースへの切符をつかんだ比嘉、全英での活躍に期待(撮影:ALBA)

写真拡大

<サントリーレディスオープンゴルフトーナメント 最終日◇15日◇六甲国際ゴルフ倶楽部(6,537ヤード・パー72)>
 国内女子ツアー「サントリーレディスオープンゴルフトーナメント」の最終日。首位と2打差の3位タイからスタートした比嘉真美子は5バーディ2ボギーの“69”でラウンド。トータル9アンダーまでスコアを伸ばしたが、優勝の森田理香子に1打届かず2位タイで4日間の競技を終えた。
「サントリーレディスOP」をLIVE写真館で振り返る!
 比嘉は前半から安定したプレーでスコアを伸ばす。2番ホールでバーディを先行させると続く3番でもバーディ。さらに7番でもバーディを伸ばすとこの時点で首位に並びかけた。
 しかし運命のサンデーバックナイン、10番11番で連続ボギーを喫した比嘉は優勝争いから転落。その後、2つのバーディでスコアを再び9アンダーに戻したが対照的にサンデーバックナインで5つスコアを伸ばした森田理香子に大逆転を許し2位タイに終わった。
 宮里藍以来、史上2人目となる10代でのシーズン3勝目をあと一歩のところで逃した比嘉。しかしゴルフの内容としてはあまり悔しい気持ちはないという。「痛いミスもありましたけど、イメージ通りにバーディを取ることもできました。4日間良いプレーができたと思います」と4日間の競技を振り返った。
 今大会終了後、賞金ランキング上位5名に与えられる「全英リコー女子オープン」の出場権獲得を目指していた比嘉。今大会2位タイの賞金を加算してでランキング4位に浮上し、悲願の全英出場を確定させ、ゴルフの聖地セントアンドリュースへの切符を自力でつかみ取った。このことについて比嘉は「今日は全英のことは考えず1打1打に集中してプレーしていましたけど、(出場が決まって)ホッとしました」と安堵の笑顔を見せた。国内女子ツアー次代のスター候補が世界の舞台でどのような活躍を見せてくれるのかとても楽しみだ。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連記事】
森田理香子、サンデーバックナインの“大逆転劇”で今季3勝目を達成!
比嘉真美子、“運”も味方に首位タイに浮上!「いい流れかも」
女子プロの秘蔵写真満載!「写真館」
ゴルフ好きな美女を紹介!「今日の美ゴ女」
各ツアー賞金ランキング