知らないと落ちこぼれる入門書&プロ本【人事・組織】

ベンチャー企業と大企業では、人事についての考え方が異なる。私がいたリクルートでは、結果を出せば出世するというシンプルな構図があった。しかし大企業では、人間関係などの要素が複雑に絡んでくる。大手の人事部にいた著者が内幕を明かした『人事部は見ている。』を読むと、大企業に共通する評価基準がよくわかる。

『人事部は見ている。』楠木 新/日経プレミアシリーズ
人事評価や異動は、実務ベースでどのように決まるのか。一般社員からは見えにくい人事のメカニズムや人事部の仕事を、大手企業で人事に携わった著者が書き尽くす。

日本企業では日本人独特のメンタリティによって組織運営されることも多い。日本人の特質を解き明かした『タテ社会の人間関係』『「空気」の研究』は、企業内の不思議な力学を理解するうえで参考になるはずだ。

『タテ社会の人間関係』中根千枝/講談社現代新書
個人主義・契約精神が根づいた欧米と違い、タテ関係が支配する日本社会。 「場」を強調し、「ウチ」「ソト」を強く意識する日本的社会構造の本質に迫る昭和40年代のベストセラー。

『「空気」の研究』山本七平/文春文庫
理性的に考えれば間違っているのに、なぜ反対の声をあげづらいのか。日本人を呪縛する「空気」という超論理的存在の発生から支配に至るメカニズムを解明する名著。

もっとも、どのような組織であっても出世する人の本質は変わらない。19世紀の名著『自助論』と、近年のベストセラー『夢をかなえるゾウ』で説かれる成功法則は、表現が異なるだけで中身はほとんど同じだ。

『自助論』サミュエル・スマイルズ/三笠書房
明治の大ベストセラー『西国立志編』の現代語訳版。さまざまな分野で活躍した300人以上の人のエピソードを紹介しながら、「自助」の精神の重要性を訴える。

『夢をかなえるゾウ』水野敬也/飛鳥新社
ダメサラリーマンの前に突如現れた、ゾウの姿をした関西弁の神様。神様の説く成功法則は、地味なものばかりだった──。普遍的な成功法則を、小説形式でユニークに紹介。

ビジネス書を読んで、「あたりまえのことが書いてある」ではなく、「あたりまえのことが大切なのだ」と受け止められるかどうか。それが人事で躓かない人の共通点かもしれない。

『若者はなぜ3年で辞めるのか?』城 繁幸/光文社新書
年功序列が崩壊したといわれて久しいが、はたして本当なのか。3年で3割辞める新卒離職率、心の病を抱える30代社員の急増。若者視点から日本企業が抱える問題に迫る。

『はじめての課長の教科書』酒井 穣/ディスカヴァー21
日本企業の強みである中間管理職。その代名詞ともいえる「課長」に焦点を当て、学んでおくべきノウハウを伝授。中間管理職の役割を客観的に見つめ直したいときにも。

『そうか、君は課長になったのか。』佐々木常夫/WAVE出版
新人課長に向けて、最短距離で最大の成果を生み出すための心構えを手紙形式で伝授。自らの経験を振り返りつつ、温かな視線でマネジメントの基本を教えてくれる。

『プロ論。』B−ing編集部編/徳間文庫
「週刊B−ing」の巻頭インタビュー「プロ論。」を加筆訂正して単行本化。さまざまな分野で活躍する著名人の仕事観や職業観は、自分の働き方を問い直すいい刺激になる。

『「最強の新人」と呼ばれるための1日60秒トレーニング』田中和彦/Nanaブックス
「日めくりカレンダー方式」で、新入社員向けの実用的なアドバイスを解説。入社前の学生や入社1〜3年程度の新入社員向けのビジネス入門書。

----------

プラネットファイブ代表取締役 田中和彦
1958年生まれ。一橋大学社会学部卒業後、リクルートに入社。人事課長や広報室課長、4誌の編集長を歴任。その後、ギャガ・コミュニケーションズで映画プロデューサー、キネマ旬報社代表取締役を経て独立。現在は多方面で活躍中。

----------

(プラネットファイブ代表取締役 田中和彦 構成=村上 敬 撮影=澁谷高晴)