<ヘビー級/5分3R>
スタイプ・ミオシッチ(クロアチア)
Def.3-0:30-27, 30-27, 30-27
ロイ・ネルソン(ブラジル)

距離を詰めるネルソンに右フックを打ち込んだミオシッチ、ネルソンはダブルレッグのフェイクから右を振るうも空振りに。左ジャブを伸ばすミオシッチに、距離を詰めることが容易でないネルソンは、ジャブを伸ばすも得意の右を打ち込むことができない。と逆にワンツーをヒットさせたミオシッチがネルソンがケージに押し込む。

距離を取った両者、ネルソンは再び低く、速いテイクダウンを仕掛けるも、ミオシッチの動きがよく、パンチを被弾しテイクダウン狙いもスプロールされる。右のオーバーフック、アッパーとも見切っているミオシッチは、ネルソンの突進をすかしてパンチを見舞っていく。残り90秒、右を振っても届かないネルソンは左ジャブから、右を受けて動きが止る。ケージ際でエルボーを受け、アッパーを突き上げられたネルソンは、四つに組みなんとか危機を乗り切り、初回を戦い終えた。
2R、大きく息をつくネルソンに対し、まずはローを見せたミオシッチ。その後も右を受けずに、自らの右を打ち込む。左から右を受け、足が完全に止ったネルソン。踏み込みが弱くパンチは手打ちの大振りになってしまう。もちろん、追い足もなくミオシッチの左から右を受けると、ケージ際まで後退。ミオシッチも組みついたが、距離をとってエルボーを入れる。

ここでミオシッチも攻め疲れか口を開けるようになり、やや動きが落ちてくる。それでも右を打ち込み、ヒザを突き上げたミオシッチはダブルレッグは失敗するが、左ジャブを的確に当てていく。残り90秒、ようやくネルソンのアッパーがミオシッチの顔面を掠め、場内が沸くが、直後に右を受けてしまう。

疲れの目立つ両者、残り30秒になりネルソンが再びパンチを被弾。反撃もままならないまま2Rが終了した。最終回、左ジャブから右を打ち込んだミオシッチが、ネルソンのテイクダウンを防いで、右フックをテンプルに打ち込む。間合いは外した両者、ネルソンの大振りのボディフックは空を切るばかりだ。それでも手数、前に出る姿勢は譲らないネルソンは、背中を見せて距離を取るミオシッチを追いかける。

と、ついに右をヒットさせたネルソン。しかし、追い打ちを掛けるスタミナが残っていない。さらにシングルで倒されたネルソンは、すぐに四つになって立ち上がる。ケージ際の攻防でブレイクが掛かった両者、ネルソンが右アッパーを振るい、ミオシッチが距離を取る。

残り1分、足を使うミオシッチは再びテイクダウン狙いへ。姿勢の乱れたネルソンにワンツーを打ち込み組みついて、時間稼ぎに。最後にヒザ蹴りからパンチを連打したミオシッチは、タイムアップと同時に両手を大きく掲げて、やり切った表情を見せた。結果、3Rともポイントを取ったミオシッチが、ネルソン越えを果たした。