アニメ化された自分たちに喜ぶFTISLAND

写真拡大

韓国の5人組バンド「FTISLAND」の11thシングル「シアワセオリー」(7月24日発売)が、アニメ映画「劇場版トリコ 美食神の超食宝(スペシャルメニュー)」のエンディング主題歌に決定。本人役でアニメ化されたメンバーが、映画本編に登場することも明らかになった。

FTISLANDは11年、放送開始当初のテレビアニメ版「トリコ」のエンディングテーマも担当。2年ぶり2度目のコラボレーションに、「この2年間でトリコもぼくらFTISLANDも成長して、今度は映画で一緒になれるなんて最高です!」とコメントを寄せ、初体験のアフレコは、アニメ化された自分たちの姿にテンションも自然と高まり、喜びながら収録に臨んだという。

楽曲タイトルの「シアワセオリー」は、「シアワセ」と「セオリー」を合わせた造語で、「幸せの定義」を意味する。大事な人と別れた後にその人の大切さに気付き、幸せだった過去を振り返りながら「幸せとは何か」について歌うという内容で、映画を制作する東映アニメーションの鷲尾天プロデューサーも、「映画の作品世界を見事な曲で表現していただき、本当に感謝しています」と話している。

映画は、「週刊少年ジャンプ」連載の人気コミック「トリコ」の初の単独劇場版で、絶海の孤島「アカシアのキッチン」を舞台に繰り広げられる主人公トリコたちの冒険を描く。7月27日公開。

■関連記事
「劇場版銀魂 完結篇」主題歌は「SPYAIR」が担当 「銀魂」3度目コラボ
「銀魂」第2弾、7月公開決定 特報では銀時が「幕引き」と宣言
「ドラゴンボール」声優陣が名ゼリフ連発&ファン800人とかめはめ波!
「ONE PIECE FILM Z」興収50億突破!東映配給作品で最高記録樹立
「銀魂」劇場版第2弾が製作決定 TVシリーズ第2期も10月開始