17番バーディーで大歓声(撮影:岩本芳弘)

写真拡大

<全米オープン 3日目◇15日◇メリオンゴルフクラブ(6,996ヤード・パー70)>
 米国男子メジャー「全米オープン」の3日目。この日は前日サスペンデッドとなった第2ラウンドの続きと第3ラウンドが行われ、トータル1アンダーでホールアウトしたフィル・ミケルソン(米国)が単独首位に浮上。悲願のビッグタイトルへ王手をかけた。
松山英樹、パッティングに苦しみ10オーバーに後退
 ビリー・ホーシェル(米国)と並んでトータル1アンダー首位タイで第3ラウンドをスタートしたミケルソンは3番、5番のボギーでスコアを落とすも10番、11番と連続バーディでカムバック。17番パー3でのバーディ直後の最終18番でボギーをたたいたもののただ一人アンダーパーをキープして3日目を終えた。
 ミケルソンは99年、02年、04年、06年、09年と全米オープンで過去5度2位になっている。2位との差はわずかに1ストロークだが、悲願のナショナルオープン制覇へこのチャンスを活かすことができるか。
<ゴルフ情報ALBA.Net>