4億2500万ドルの慰謝料を支払ったメル・ギブソン (c)Hollywood News

写真拡大

ケタ違いの資産を持つ世界の大富豪たちは、離婚時に支払う慰謝料もケタ違い。ビジネスメディアの「ビジネスインサイダー」が、2013年現在までの世界の離婚慰謝料のランキングを発表した。

1位のルパート・マードックはアメリカ人実業家で、「タイムズ」「ウォール・ストリート・ジャーナル」「20世紀フォックス」などを傘下におさめるメディア・コングロマリットのニューズ・コーポレーションの会長兼最高経営責任者で、慰謝料はなんと17億ドル(約1,610億円)!。マードック氏は6月13日に、3番目の妻のウェンディ・デンとの離婚が発表されており、こちらの慰謝料も注目されている。

最近話題になった離婚では、米国プロゴルファーのタイガー・ウッズの慰謝料が1.1億ドル(約104億円)となっており、15位にランクインしている。

1位、ルパート&アンナ・マードック(1999年)
アメリカのメディア王
17億ドル(約1,610億円)

2位、バーニー&スラヴィカ・エクレストン(2008年)
F1運営組織のCEO
10〜12億ドル(約948〜1130億円)

3位、アドナン&ソラヤ・カショギ(1974年)
サウジアラビアの武器商人
8億7400万ドル(約828億円)

4位、スティーブ&エレーヌ・ウィン(2009年)
ラスベガスのホテル王、実業家
7億4000万ドル(約701億円)

5位、クレイグ&ウェンディ・マッコー(1998年)
通信業界の実業家
4億6000万ドル(約435億円)

6位、メル&ロビン・ギブソン(2009年)
俳優、映画監督・プロデューサー
4億2500万ドル(約402億円)

7位、ロバート&シェイラ・ジョンソン(2007年)
NBAのチームの元オーナー、実業家
4億ドル(約378億円)

8位、ロマン&イリーナ・アブラモヴィッチ(2007年)
チェルシーFCのオーナー、ロシアの実業家
3億ドル(約284億円)

9位、マイケル&マーヤ・ポルスキー(2007年)
アメリカのエネルギー事業会社の経営者
1億8400万ドル(約174億円)

10位、マイケル&ファニータ・ジョーダン(2006年)
元バスケットボール選手
1億6800万ドル(約159億円)【橋本 トミオ】