映画『小鳥遊六花・改 〜劇場版 中二病でも恋がしたい!〜』メインビジュアル
 - (C)虎虎/京都アニメーション/中二病でも製作委員会

写真拡大

 昨年10月より放送され、先日には劇場映画化も発表されたアニメ「中二病でも恋がしたい!」の石原立也監督が、テレビアニメ第2期に懸ける思いを明かした。第2期は原作の第2巻がベースとなり、すでにプロットはできつつあるとのこと。「一通り新しい話になっています。1期の続きというよりは、(ヒロインの)六花たちの新しい話という感じですね」と現在の製作状況を明かしている。


 同作は、虎虎の同名ライトノベルを京都アニメーションがアニメ化した青春コメディー。思春期の自意識過剰な言動、通称「中二病」をモチーフにした主人公たちの青春模様を描き、昨年の放送中から大きな話題になった。先日には、テレビアニメ第2期の製作、そして劇場版『小鳥遊六花・改 〜劇場版中二病でも恋がしたい!〜』の9月公開も決定している。


 「第2期については『やりたいな』とは漠然と思っていましたね。原作の第2巻については第1期で全く描いていなかったので、続編ができれば、そこに出てくる新しいキャラクターを使ってやりたいなあ、と。いつから意識していたというわけでなく、作りながらぼんやり、そんなふうに考えていました」と振り返った石原監督が、本作を作るときに最も大事にしていたものとして挙げたのは「中二病心」だ。


 思春期特有の自意識過剰な言動を指すため、否定的に語られることの多い「中二」という言葉だが、石原監督はむしろ「中二病」の明るい面に日を当てるようにしたと明かす。「僕自身も“中二”的なところがあって、それを大事にしているんですけど、中二病って楽しいんですよね。だから、中二病の楽しい部分を描いていけたらいいな、とは1期でも考えていました。第2期でも、そうしたところをより推し進めた話ができたらとは思っていますね」と第1期同様の姿勢で臨んでいることがうかがえた。


 石原監督は『中二病でも恋がしたい』のほか、これまでにも「AIR」「涼宮ハルヒの憂鬱」といった作品の監督を務めている。日本のアニメーションは日本国内のみならず海外でも人気があるが、そのことについては「アニメーションは絵で描きますよね。なので、実写よりもいろいろなものが整理されるんです。必要のないものはそぎ落とされて、作り手が表現したいことがより克明になるというか……そのあたりが、アニメーションのわかりやすさになっているのかなと思うんです」と分析。


 ともすれば「子どもの観るもの」と断じられがちなアニメだが、「これは個人的な意見なのですが、そういう意味でアニメーションというのは、世界共通言語になりうるメディアじゃないかなと思っています」と語り、アニメの力、そしてその可能性を信じている様子をうかがわせた。(編集部・福田麗)


『小鳥遊六花・改 〜劇場版 中二病でも恋がしたい!〜』は9月14日より全国公開