インテリア文化研究所 「フリース&デジタルプリント」セミナー7/3開催

写真拡大

インテリア文化研究所(本田榮二代表)は、日本ヒューレッド・パッカード(株)の後援を得て、「フリースとデジタルプリントがグローバル時代のインテリア業界を大変革する」と題したセミナーを7月3日(水)PM1:30より、(株)川島織物セルコン東京本社ショールームで開催する。

壁紙用不織布素材「フリース」は施工性と品質安定性が高く評価され、登場して約10年で既に世界市場の51%を占めるに至った。一方、デジタルプリント壁紙も登場して4年目で、ドイツ市場では2%(数量1600万平米)のシェアを占めている。インテリア商材のオンデマンド化、カスタマイズ化の流れが顕著なだけに、今後ますますウエイトを高めるものと予想される。
今回のセミナーは、そのフリース壁紙とデジタルプリントの可能性を探るという非常に興味深いもので、第1部では本田榮二氏が「フリースとデジタルプリントが、グローバル時代のインテリア業界を大変革する」(90分)と題し、「フリースとデジタルプリント壁紙の現状及び近未来予測」と「デジタルプリント壁紙で究極のインテリアを実現する四季の移ろい戦略」を説明、第2部ではカラー&デザインのトレンド分析に定評のある網村眞弓氏(Color Design Firm代表)が「デジタルプリント時代のデザイン戦略を提案する」というテーマで、デジタルプリント時代のデザイン戦略を解説する。そして第3部では、日本ヒューレットパッカード社の霄(おおぞら)洋明氏が、海外壁紙メーカーの導入事例を紹介すると共に、6月に発表した壁紙用クラウドアプリケーション「HP WallArt Solution」をプレゼンする。

定員は50名。参加費は10,000円/人(税込)。1社2名以上参加の場合は2人目から5000円/人(税込)。申し込みは、会社名と受講者名、連絡先(住所と電話番号)を明記して下記宛へ。申込みは定員に達した段階で打ち切り予定。なおレジメとフリース綴じ見本を用意。参加者全員に粗品進呈(珈琲とコーヒーの花の蜂蜜)。

■申し込み・問い合わせ先
TEL:042-486-7972/FAX:042-486-7973(インテリア文化研究所)
携帯:090-2661-3105(本田榮二氏)
メール:e-honda@wine.ocn.ne.jp