アーノルド・シュワルツェネッガー写真:Most Wanted Pictures/アフロ

写真拡大

アーノルド・シュワルツェネッガーが、6月12〜14日にオーストラリアで開催された「21st Century Financial Education Summit」に出席。プレゼンテーションの最中に、自身が復帰・主演予定の「ターミネーター」シリーズ最新第5弾が、2014年初頭のクランクインを予定していることを明かした。

その場に同席していたシュワルツェネッガーのファンサイトThe ArnoldFans.comが報じた。実際、シュワルツェネッガーは今年1月、自身の「ターミネーター5(仮題)」への参加を暗に認めると同時に、「新たに優秀な脚本家が入ったので、今年中には脚本が完成し、プリプロダクションに着手できるはずだ」と語っていた。

同作の脚本家には、「シャッターアイランド」の脚本家レータ・カログリディスと、「ドライブ・アングリー3D」の監督・脚本のパトリック・ルシエが起用されている。

「ターミネーター5(仮題)」は、デビッド・エリソン(スカイダンス)とミーガン・エリソン(アンナプルナ)の兄妹が共同でプロデュース。米パラマウント・ピクチャーズが配給を手がける見込みだ。

■関連記事
シュワルツェネッガー・イズ・バック!! 主演作「ラストスタンド」来年公開
ジェームズ・キャメロン、シュワちゃんのシンクタンクに参加
シュワちゃん「ターミネーター」最新作が撮影延期か?
「ターミネーター5」実現間近 映画化権めぐり争奪戦激化
女性版「エクスペンダブルズ」が始動