『サンゴレンジャー』の初日舞台挨拶が開催!

写真拡大

劇団EXILEメンバーの青柳翔主演映画『サンゴレンジャー』の初日舞台挨拶が6月15日に渋谷HUMAXシネマで開催され、青柳をはじめ、田中圭、佐々木希、中前勇児監督が登壇。青柳は「この撮影をきっかけに、環境問題について改めて思い返すきっかけができた。皆さんにとっても、『石垣島に行ってみたい』と思ったり、自然に触れるきっかけとなる映画になれば嬉しい」と挨拶した。

【写真を見る】佐々木希は真っ白の夏らしいロングワンピース姿で登場!全身写真はこちら

本作は沖縄県石垣島を舞台に、サンゴを守るべく奮闘する若者たちを描く痛快青春映画だ。熱血漢の主人公・矢島を演じた青柳は「2週間ちょっとのハードな撮影でしたが、思い出深い作品になりました」と振り返り、「矢島ほどピュアで真っ直ぐではないけれど、はっちゃけた部分とかは被る部分があると思う」と自身と演じた役柄を重ね合わせた。

田中が演じるのは、主人公の熱さに惹かれていく同僚・岸谷役だ。もともと、スキューバダイビングが好きだと言う田中は「今回は撮影以外に空いた時間がなくて、潜れなかった」とこぼす。続けて「数年前に石垣のサンゴ礁の海に潜ったことがあって。石垣の海はとてもきれいです。スキューバは泳げなくてもできるので、皆さん怖がらずに、レッツトライ!」と会場に呼びかけ、笑いを誘っていた。

初の教師役にチャレンジした、佐々木はこう語った。「初めてで不安もあったんですが、子供たちが『先生!』って呼んでくれて、こちらもホッとしました。空き時間も一緒にゲームをしたり、たくさん話をして楽しかったです」。優しい教師役を好演した佐々木だが、青柳と田中も「人魚かと思いましたね」と口をそろえ、佐々木の初挑戦を絶賛。劇中では、佐々木演じるリサは、青柳演じる矢島と恋に落ちると言う。司会から「ご自身は、熱血の青柳と冷静沈着な岸谷では、どちらが好みのタイプ?」と聞かれると、佐々木は「青柳は熱すぎる(笑)。突っ走りすぎるので、置いていかれてしまいそう。冷静な岸谷さんが良いかな」と話してくれた。

メガホンを取った中前監督は、「上映中、年配のお父さんが笑ってくれているのを見てとても嬉しかった」と充実の笑顔。「スケジュールも天気もなかなか恵まれないなか、良い作品ができたと思っている」と胸を張る。大人から子供まで、楽しめる『サンゴレンジャー』。笑いのなかに、自然の大切さを次の世代に繋ぐ、力強いメッセージも込められた青春映画となった。【取材・文/成田おり枝】