父の日のためにも「ほけんの窓口レディース」の2位タイ以上の成績を出したい金田久美子(撮影:ALBA)

写真拡大

<サントリーレディスオープンゴルフトーナメント 3日目◇15日◇六甲国際ゴルフ倶楽部(6,537ヤード・パー72)>
 国内女子ツアー「サントリーレディスオープンゴルフトーナメント」の3日目。午後から降り始めたどしゃぶりの雨の前に多くの選手がスコアを落としていく中、3バーディノーボギーの“69”をマークした金田久美子が単独首位に浮上した。
LIVE写真館で「サントリーレディス」の3日目を振り返る!
 最終組の1つ前の組でプレーした金田は序盤から降りしきる雨の中でのラウンドを強いられた。次第の強さを増していく雨の前にティショットで飛距離を稼げず、ここまで好調だったショットでなかなかチャンスを作ることができなかった。しかしこの日はパットが絶好調。5番で5メートルのパットを沈めてこの日最初のバーディを奪うと、8番ではさらに長い8メートルのパットを決めてみせた。
 極めつけは11番のショートホール。ティショットでグリーンをとらえたものの、カップまで10メートルの距離が残ってしまったが、金田はこの難しいパットを見事に沈めてバーディ。この時点でトータル8アンダー首位タイに浮上、残りホールはきっちりパーを重ねてホールアウトした。その後、最終組の比嘉真美子、リ・エスドがスコアを落としたため、金田は単独首位となって3日目を終えた。
 3日目を迎えるにあたって入念にパッティング練習を行ったという金田。その内容はストロークの技術というよりも、グリーンでのライン取りとタッチの出し方に重点を置くもの。この練習により予選ラウンドでマッチしていなかったタッチと距離感がピタリと合うようになり、今日の金田の安定感のあるパッティングにつながった。
 明日は初めて最終日を単独首位で迎えることになる金田。最終日のプレーで気をつけることについて質問されると「トップにいるとどうしてもボギーを打ちたくないって考えちゃうんですけど、優勝するためにはバーディを取る攻めの気持ちが必要だと思います」と守りに入るのではなく、常に攻める気持ちを持つことの重要性を挙げた。また明日が父の日であることを記者から告げられると、「意識してますよ。プレゼントできたらいいですよね」と話していた。実力者が上位にひしめく最終日の戦いを制し、“父の日V”でツアー2勝目を挙げることができるか。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連記事】
横峯さくら、パッティングを修正して5バーディ!9位タイに浮上して最終日へ
比嘉真美子、“運”も味方に首位タイに浮上!「いい流れかも」
女子プロの秘蔵写真満載!「写真館」
ボールに泥が付いた時はどう対処する?鈴蘭隊長が実験
各ツアー賞金ランキング