<サントリーレディスオープンゴルフトーナメント 3日目◇15日◇六甲国際ゴルフ倶楽部(6,537ヤード・パー72)>
 国内女子ツアー「サントリーレディスオープンゴルフトーナメント」の3日目。全選手がハーフターを終えた時点で、前日に首位に立ったリ・エスド(韓国)が1つスコアを伸ばし、通算8アンダーで単独首位に立った。首位と1打差の通算7アンダー単独2位に金田久美子、通算6アンダー3位タイには、吉田弓美子、不動裕理、比嘉真美子の3人がつけた。
 さらに通算5アンダーに李知姫(韓国)、アン・ソンジュ(韓国)、中村香織、森田理香子の4人が続く。2日目に猛チャージで順位を急上昇させた森田は、2バーディ2ボギーでスコアを伸ばせないまま前半をハーフターンした。
 予選ラウンドは低迷していた横峯さくらは、決勝ラウンドに入りやっとエンジンがかかったのか、この日5バーディ・ノーボギーの“67”をマーク、通算3アンダー14位タイに浮上してきた。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連記事】
比嘉真美子、“運”も味方に首位タイに浮上!「いい流れかも」
LIVE写真館で「サントリーレディスオープンゴルフトーナメント」3日目を見てね!
LIVE写真館で「サントリーレディス」をチェック
ゴルフ好きな美女を紹介!「今日の美ゴ女」
各ツアー賞金ランキング