堤真一が『俺はまだ本気出してないだけ』の初日舞台挨拶に登壇

写真拡大

堤真一の主演映画『俺はまだ本気出してないだけ』の初日舞台挨拶が、6月15日に新宿ピカデリーで開催。堤真一、橋本愛、生瀬勝久、山田孝之、濱田岳、水野美紀、石橋蓮司、福田雄一監督が登壇。主演の堤は「まさかこの企画が通るとは思わず。こうやって初日を迎えることができました」と苦笑いしながら挨拶をした。

【写真を見る】橋本愛は、堤真一の娘役。時折見せる笑顔がとてもキュート!

堤が扮するのは、42歳バツイチ子持ちの漫画家を夢見るダメダメな中年男・大黒シズオ役。劇中で、堤は「俺の時代」という歌を披露しているが、その曲がiTunesで期間限定で有料配信されることが発表された。堤は「俺、本当に音痴で、人前でカラオケは歌わないタイプなのに歌わされた」と恨み節。その弁に福田監督はうなずきながら「あんなもの、配信して良いのかな」とつぶやくと、堤は「あんなもんって言うなよ!」と突っ込む。福田監督は「こんな下手な歌を配信したのは初めてだと思う」と言うと、堤は苦笑い。

劇中でのシズオは家でシャツとパンツ一丁でいるので、明日の父の日にちなみ、「本気」のロゴ入りパンツを娘役の橋本愛からプレゼントされた堤。橋本が「お世話になりました」と言うと、堤は「実際には子供はいないんですが、楽しんで演じさせていただきました」とコメント。第32回イエローリボン賞(ベスト・ファーザー賞)を受賞した生瀬は、妻役の水野からパンツを受け取ったが、「その(授賞式の)日、マイケル・ジャクソンの娘が薬飲んだというニュースが流れて。何も変わってないです」とコメント。石橋は、息子役の堤からパンツを渡され「おまえ、早く役者をやめて、まともな仕事につけ」と、シズオ(堤真一)を一喝した。

また、本作について水野は、「堤さんの素に近い部分をみなさんにやっと見ていただける」と、堤の意外な素顔を暴露すると、福田監督も「そうなんですよ」と賛同。堤は「もういいよ、その突っ込みは」と苦笑い。石橋も「こんな馬鹿な堤が、いや、シズオが世間に知らされて」と、ダメ押しをし、会場は大爆笑となった。

根拠のない自信家だし、バイト先や家では罵倒され、高校生の娘に借金をするという、救いようのないダメダメ男のシズオ。でも、なんだか不思議と憎めない。堤真一のお茶目なシズオに、是非会いに行ってほしい。【取材・文/山崎伸子】