13年は混乱の年になりそうだ。それも突然、様々なことが続けて起こるのではないかと危惧している。ギリシャのデフォルト、米国の州の破綻というような国家レベルの問題、超一流企業の倒産のような企業レベルの問題も想定できる。

企業の話に絞れば、なぜ超一流企業が破綻する可能性があるのか。それは世界的にビジネスモデルが転換しているのに、多くの日本企業が対応できていないからだ。例えば家電業界では、中国や韓国企業が、そこそこの性能を備えた安価な製品を生産する能力を身につけた。国産の電化製品はガラパゴス化が進みハイスペック(=高価格)すぎて世界市場では受け入れられなくなっている。同じような状況が自動車業界でもある。日本車は先進国向けの高級車の評判はいいけれど、これから需要が爆発する新興国市場ではインドのタタのような超低価格車に勝つことができない。

中国や韓国を市場と見なした場合、政治リスクが非常に高くなっている。特に中国は大市場で日本企業の依存度も高いが、12年に私たちが体験した政治的な締め付けが、13年はもっと顕著になる可能性がある。

国内市場に目を向ければ「単価の崩壊」が起こりそうだ。特に国内と国際の敷居がないあらゆる業種で、単価の崩壊が一気に加速するだろう。例えばグーグルが5年以内の実用化を目指して開発実験を続けている自動車の自動運転が実現すれば、運転手という職種がなくなってしまう。それにより輸送単価も大幅に下がる。単価の崩壊は業界の仕組みが根本的に変わることによって起こるため、今就いている仕事がなくなる可能性だって高くなる。恐らく日本語で守られていない分野、日本の法律で守られていない業種は危ない。

■好きなこと、運、人脈が未来を開く

そうした将来を前提に13年にやるべきことをあげると、「自分にしかできない仕事をする」「運を高める」「いい人脈をつくる」の3つになる。

「自分にしかできない仕事をする」を言い換えれば、自分が本当にやりたいこと、大好きなことを仕事にするということ。大好きなことは自分の才能が一番発揮できる(最も大きい付加価値を生み出すことができる)ことであり、その結果、愛情を込めた丁寧な仕事になり、評価が高まり、回り回って収入にも結びつく。これはサラリーマンでも自営業でも同じだと思う。

サラリーマンであれば社内でナンバーワンを目指す。それを達成したら業界ナンバーワンを目指す。そのことにより自分の価値が上がっていき、会社が手放したくない人材になれる。

自営業であればブランドを築く。業種は何でもいい。シミ取りの評価が高いクリーニング店、離婚分野に強い弁護士というようなブランドを築くことができれば単価が崩壊する中で、報酬を高く維持できる。

しかし、どんなに頑張っても将来、自分の仕事がなくなる可能性だってある。5年後、10年後に仕事が存在するのか、存在してもどのような形に変わっているのかを予想して、今から対策を立てることが必要だろう。

好きなことが見つからないという人がいるが、それは探し方が悪いからだ。好きなことは具体的な職種ではない。好きなことは探すのではなく感じるもの。自然に文章を書いてしまう、自然に人前で話す。また、時間があればパソコンを見ている、モノをつくっているなど、自然な行動がすべて、その人の才能に通じているのである。

次に「運を高める」。これまで私は運の研究のために、多くの人にインタビューをしてきた。その結果わかったことは運というものは存在し、運のいい人悪い人が必ずいて、運のいい人はずっと運がいい、運の悪い人はずっと運が悪いという法則があるということ。運の存在には多くの人が気づいているのではないだろうか。運が悪いとしか言いようのない事故に遭う人がいる。逆に、間一髪で災難から逃れることができた人もいる。

ただし、運は変えることができる。たまたま出会った人によって運が変わることもよくある。運を高めることが13年は非常に大事になるだろう。

具体的にはどうすればいいのか。まず運が悪いと感じたときは悲観せずに「運を貯めている状態」だと思うこと。「気を練っている」と表現してもいい。慌てず冷静に状況を観察してみる。そうするとポンと抜け出せる瞬間が訪れる。逆に運の悪い状況に負けてしまったら、それまでになってしまう。極貧の家庭環境で育った人のほうが中流家庭で育った人よりも成功しやすいのは、苦労した分だけ気が練れているから。その意味で人生は不平等だが公平だと思う。

運のバランスも重要だ。仕事運を使いすぎると家族運がなくなることがある。そのためうまくバランスをとって、どれも同じように高めて総量を拡大していく努力をする必要がある。例えば仕事運が悪くなったときは、家族運がいいのだから家族との時間を楽しむようにする。するといつの間にか仕事運も回復する。仕事運が悪いという面ばかりを気にするのか、家族運がいいのだから幸せと思うのか、心の持ちようで運は変化する。

「いい人脈をつくる」は多くの人が実践できていない。人は自分と同じような人と付き合う傾向にあり、同じ職業、同じ業種、同じ会社内にしか人脈がないことが多い。そうではなくてまったく違う業種、年齢、収入、役職、違う国の人と知り合うことでいい人脈がつくれる。そうした人との人脈ができれば、仕事の幅も、仕事に対する視点も広がるし、運も開けてくる。

とはいえ、年収の差が5倍も10倍もある人とはなかなか知り合うことはできない。なぜなら生きている世界(グループ)が違うから。これからは人のグループ化がより鮮明になっていくだろう。グループにより入学する学校、住む地域、職種も人脈も違ってくる。

だからといってあきらめる必要はない。例えば、趣味を通じた付き合いには肩書が無用なので、人脈をつくりやすい。そのためにも本当に好きなことを究めるべきだ。ボランティア活動をするのもいい。こちらも肩書を外した活動ができるし、地位の高い人たちも多い。

目上の人から誘いを受けたら必ずついていくことも心がけてほしい。ふだんいる世界とは違う世界の人と知り合いになれるだろう。そういう運は目上の人からしかもらえない。そして新たに知り合った人から携帯電話に直接かけてもらえるくらいの間柄になれれば運も開け、仕事のステージも上がる。試しに携帯電話の着信履歴を見て、かけてくれた人10人の平均年収を計算してみよう。その金額が今のあなたのステージなのである。

だからといって上の人だけについていけばよいということではない。人間関係の運には3つある。年上の人に引っ張ってもらう運、同年代から支えられる運、そして年下、部下や後輩から持ち上げられる運。3つの運の力は、どれも成功するために欠かすことはできない。『60代にしておきたい17のこと』という本を書く際に、70〜80代の方にインタビューをした。そのときに強く思ったことは「やって失敗した後悔」よりも「やらなかった後悔」のほうがずっと大きいということ。後悔のない人生をおくるためにも、13年は、何か新しい行動を起こす年にしてほしい。

■本田健さんの「2013年やるべきこと」リスト

1.自分にしかできない仕事をする

□今の仕事が10年後続けられる仕事か、見極める
□愛情を込めて仕事をする
□社内、部内でナンバーワン、オンリーワンを目指す

2.運を高める

□いいリズムを感じる
□好きなことをする
□運が悪いと思うときはまったく違うことを試してみる

3.いい人脈をつくる

□異業種の人と付き合う
□趣味、ボランティアに参加する
□目上の人から誘われたら、必ず参加する

----------

お金の専門家 本田 健
経営コンサルティング、会計事務所など複数の会社を経営する「お金の専門家」。著作シリーズの累計は500万部を突破。主な著書に『ユダヤ人大富豪の教え』『20代にしておきたい17のこと』など。最新刊は、『大好きなことをやって生きよう!』。

----------

(お金の専門家 本田 健 構成=金融系ライター 山本信幸)