結婚後に妻以外の人と旅行に行く? -20代男性13%”嘘をついて行く”

写真拡大

オンライン旅行会社エクスペディア ジャパンは、結婚式シーズンに合わせ、20代、30代、40代の既婚男女600名を対象にハネムーンおよび結婚後の旅行についての調査を行い結果を発表した。調査は5月16日〜5月21日、子供のいる20代、30代、40代、各世代50人の男女、子供のいない20代30代40代、各世代50人の男女計600名を対象にインターネットにて行った。

「新婚旅行に行ってよかったと思いますか?」という質問では、「本当によかった」もしくは「よかった」という人は99.5%と、ほとんどの人が新婚旅行に満足している結果となった。また、新婚旅行に行って「パートナーの事をより好きになった」、もしくは「パートナーの新たな一面を見て、魅力を感じた」と回答した人は、全体の71.2%と、かなり高い割合で旅先でのパートナーに満足感を得られている結果になった。

一方、「パートナーの嫌な面を知った」「結婚したことを後悔した」との回答した人の合計は、男性が7.6%、女性が12.4%となり、女性の目の厳しさがかうかがえる結果になったという。

続いて「パートナー以外とも旅行に行きたいと思いますか?」という質問をしたところ、「パートナー以外とも旅行に行きたい」と回答したのは、全体で63.5%、男女別では、男性が57%、女性が70%に上る結果となった。

一緒に行きたい相手としては、男女ともに1位は「同性の友達」、2位以下は、男性は「異性の友達」、「ひとり」と続き、女性は、「親」「子供」と、家族を選ぶ回答者が多く男女で差がみられたという。

「結婚後パートナー以外と旅行に行く回数は結婚前と比べてどのようになりましか?」という質問では、「減った」と回答したのは全体で約68% 、男性は約61%、女性は74%という結果になり、とくに女性において「行きたいけれど行けない」という現状があり、家庭を持つことがパートナー以外との旅行に影響を及ぼしていることがわかった。

「パートナーに嘘をついて旅行に行った事がある(行こうとしたことがある)」と回答したのは男性16%、女性9.3%だった。その相手は、1位「異性の友達」2位「恋人」だった。