「ゲームセンターCX」が映画化、共演者に矢口真里を指名も即撤回。

写真拡大

CSのフジテレビONEおよびフジテレビNEXTで放送中の人気ゲームバラエティー番組「ゲームセンターCX」が映画化されることが発表された。6月14日に東京・台場のフジテレビ内マルチシアターで行われ、番組出演者のお笑いコンビ・よゐこの有野晋哉(41歳)が登壇。「ゲームセンターCX THE MOVIE」と題した劇場版の概要がわずかに明かされた。

有野が同番組で扮するキャラクター“有野課長”として出演すること以外は、謎のベールに包まれている本作。当事者である有野自身も「何なのかわからない。ミュージカル映画ではないのは確か」と首をかしげたが、「有野課長は負けを認めないのが凄いところで、ギブアップしなければ負けではないんです。だから映画はコケない!」と映画化への意欲を覗かせた。

会場からの「共演したい女優は?」との質問には、「矢口真里さんかな?」と叫んで笑わせたが、「前言撤回です! 長澤まさみさんでお願いします」と翻って人気女優にラブコールを送る一幕も。

2003年11月にスタートした「ゲームセンターCX」は、今年で10周年を迎える長寿ゲームバラエティー番組。有野課長が昔なつかしのさまざまなゲームソフトに挑戦するなど、テレビゲームに特化した企画が目玉になっている。

このたびの映画化は同番組の「10th アニバーサリープロジェクト」の1つで、そのほか番組サウンドトラックの発売や海外出張ロケ特番の第3弾「ゲームセンターCX in Paris」の10月の放送決定、11月5日に武道館でのイベント開催、ニンテンドー3DS用番組ゲームソフトの発売などが発表された。

会見に同席した菅剛史プロデューサーは「映画化への期待は前々からあって、有野課長役は妻夫木聡さん、カメラマン役は哀川翔さん、プロデューサー役は堤真一さんがいいと内輪で盛り上がっていた」とオールスターキャスト出演を妄想し、有野も「何なら僕の役は古田新太さんでも荒川良々さんでもいい」とノリノリ。

単館上映ではなく全国ロードショー規模の作品になるそうで、菅プロデューサーが「有野課長のゲームの挑戦を見せつつ、いろいろなことをミックスしたものになるはず。ファミコンを愛する世代に届けたいし、ファミコン世代の『ALWAYS 三丁目の夕日』にしたい」と鼻息を荒くすると、すかさず有野は「やっぱり、堤真一さんを呼んだ方がいいのでは?」とヒット映画にあやかろうとしていた。

映画「ゲームセンターCX THE MOVIE」は2014年早春、全国ロードショ−。