「インポッシブル」の一場面(C)2012 Telecinco Cinema, S.A.U.and Apaches Entertainment, S.L.

写真拡大

ナオミ・ワッツ、ユアン・マクレガーの共演で、2004年に発生したスマトラ島沖地震で、離れ離れになった家族の実話を映画化した「インポッシブル」。「永遠のこどもたち」(07)のJ・A・バヨナ監督がメガホンをとった同作は、スペインで5週連続1位に輝き、歴代興行収入が「アバター(2009)」に次ぐ第2位というヒットを記録。母役のワッツは、第85回アカデミー賞主演女優賞にノミネートされた。父親に扮し、家族のきずなというテーマに挑んだマクレガーが、同作について語った。

バカンスでタイを訪れたベネット一家。家族で楽しい時間を過ごしていたが、12月26日に発生した巨大な津波によって、散り散りになってしまう。しかし、一家は互いの無事を信じ、再会に向け歩み始める。

オファーを受けた当初、マクレガーは「どうして今、津波の映画をつくるのかと不思議に思った。それにこの作品を撮ることが正しいことなのかどうか、わからなかった」と困惑したという。しかし、脚本を通して本質に触れることで、「僕がこれまで気づかなかった人間性について気付かされたんだ。この家族の経験を見つめることによって、津波やそういった恐ろしい悲劇について考えさせられる」と感じた。

撮影中は「実話を語っているという事実」を心に留め、「(津波で)たくさんの人が亡くなった。でも、生き残った人も大勢いる。もし僕たちがこの物語を正確に、誠実に語らなかったら、その人たち全員の気持ちを傷つけることになる」と真しな思いで臨んだ。即興演技などを取り入れながら、ワッツとともにリアリティある家族像をつくりあげると同時に、「生存者をヒーローのようにほのめかしてしまったら、生き残れなかった人々のことを傷つける可能性がある。僕たちは決してそんなことを望んではいなかった」という思いから、バヨナ監督らとともに話し合いを重ね、困難に立ち向かう父を演じきった。

「トレインスポッティング」をはじめ、「ムーラン・ルージュ」「スター・ウォーズ」シリーズなど多様な作品に出演してきたマクレガーは、「俳優として演じる作品すべてが、人生の一部を探求させ、想像させ、経験させてくれる」と持論を展開。本作では、センシティブな題材と向き合い「津波に遭遇して、この家族の人生は永遠に変わってしまった。彼らは生き残ったけれど、生き残ったことはとても辛い事実でもあるんだ。だからこそ、監督はこの映画の最後にタイトルを置いている。“インポッシブル”は、彼らが故郷の地に降り立ったときに始まるからだ。監督は、彼らの信じ難い人生がそこから始まることを伝えようとしているんだ」と込められた思いを明かした。

「インポッシブル」は、6月14日から全国で公開。

■関連記事
【作品情報】「インポッシブル」
スマトラ島沖地震の津波で被災した家族描く「インポッシブル」予告編公開
ナオミ・ワッツ、2度目のオスカーノミネート作「インポッシブル」特報公開
NHK震災緊急ニュースが国際エミー賞受賞
ナオミ・ワッツが、故ダイアナ妃伝記映画に主演