猫に好かれる人の共通点-「目線が同じ位置」「嫌なオーラを出してない」

写真拡大

なぜかはわからないけど日ごろから猫に好かれやすい…このようなタイプの人は、猫に好かれる何らかの共通点がある可能性も。そこで今回は、猫に好かれる人の条件や傾向をまとめました。猫に好かれたいという人は、これらをお手本に行動してみましょう。

■ご飯をくれる人、お世話をしてくれる人

当然のことながら猫はご飯をくれる人が好きになります。その他にもトイレ掃除をしてくれる人、マッサージやブラッシングをしてくれる人、一緒に遊んでくれる人など、猫の好む行動をしてくれる人=猫が好きな人になります。なかなかなつかない猫がいる場合は、これらの行動をしながら徐々に距離を縮めていきましょう。

■優しい口調で話しかけてくれる人

猫はうるさい人や声の低い人が苦手です。耳障りに感じるのはもちろん、怒られていると勘違いしてしまうためです。基本は常にやさしく、静かな口調で話しかけること。会話はできなくても積極的に話しかけてやるようにすると、だんだんと猫からもコミュニケーションをとってくれるようになります。

■目線が同じ位置にある人

自分より大きな相手は威圧感があり怖がる傾向にあります。特に人慣れしていない猫の場合は、人間がかがんで目線をあわせてあげるといいでしょう。このとき自分からはあまり近づかず、猫から興味を示してよってくるのを待つこと。すぐに逃げたりしなければ、そのうちニオイをかいできて、危害を与える相手でないとわかったら徐々に打ち解けていきます。猫に好かれるためには、なんといっても「待ち」の姿勢が大切です。

■嫌なオーラを出していない人

猫は人間の感情や考えを察しやすいと言われています。そのため人間が情緒不安定であれば猫も落ち着かず、人間がリラックスしていれば、自然と猫もリラックスしやすくなる傾向にあります。例えば動物病院に猫を連れて行くときは、猫が気配を察して逃げたり隠れたりするのもこれが原因です。

猫に対して嫌なことをしないというオーラを出していると、猫もだんだんと信頼してくれます。猫が好む環境を用意してあげるようにすると好かれる可能性も高くなります。

一度嫌われてしまった場合でも、徐々にではありますが猫との信頼関係を修復することは可能です。諦めずに時間をかけて何度も試してみるといいでしょう。