ルーキーとは思えない安定感で首位タイに浮上した比嘉(撮影:ALBA)

写真拡大

<サントリーレディスオープンゴルフトーナメント 2日目◇14日◇六甲国際ゴルフ倶楽部(6,537ヤード・パー72)>
 国内女子ツアー「サントリーレディスオープンゴルフトーナメント」の2日目。今大会終了後、賞金ランク上位5名に与えられる「全英リコー女子オープン」の出場権獲得を目指す比嘉真美子は、3バーディ1ボギーの“70”でラウンド。スコアを2つ伸ばしトータル7アンダーの首位タイに浮上した。
横峯さくら、終盤のバーディで“全英”確定!「いっぱいいっぱいでした」
 比嘉のこの日最初のバーディは7番ホール、15ヤードのアプローチをチップインさせて奪ったものだった。「難しいアプローチが運よく入ってくれました。こういう運があるということは自分にいい流れかもって思いました」運も味方につけた比嘉は続く8番ホールでもバーディを奪い、難しいアウトでスコアを2つ伸ばして折り返した。
 後半に入ってからはショットとパットが噛み合わず14番ホールではボギーを叩いてしまう。しかし17番ロングではツアー屈指の飛距離を生かして2オンに成功、実力でバーディをもぎ取り再び首位タイに浮上して2日目のラウンドを終えた。
 「全英リコー女子オープン」の出場権獲得に向けて絶好の位置で決勝ラウンドを迎える比嘉。今日感じた“いい流れ”を全英出場権獲得につなげることができるか。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連記事】
比嘉真美子、“全英”出場に向けて好スタート!「絶対行きたい」
比嘉真美子、ルーキーイヤーでシーズン2勝目を達成!「男子は松山、女子は比嘉」
「AKB48山内鈴蘭のナンでもやってやろう」更新!
女子プロの秘蔵写真満載!「写真館」
各ツアーの賞金ランキング