東京メトロとJR西日本がコラボ! 広島県の”ご当地自慢”スタンプラリー開催

写真拡大

東京メトロとJR西日本広島支社は15日より、タイアップ企画・乗るけん!体験!広島県!「東京×広島 ご当地自慢ラリー」を開催する。

同企画は、東京メトロの利用者に、東京と広島の”ご当地自慢”スポットを巡ってもらうスタンプラリー。東京メトロ沿線や広島の魅力を紹介することを目的とするという。

イベントは、東京ステージと広島ステージの2部構成で実施。東京ステージでは、今年7月にオープン1周年を迎える広島ブランドショップ「TAU(たう)」をゴールに、東京メトロ沿線の「グルメ」「歴史」「芸術」「町並み」「通り」の5つのジャンルごとにピックアップした東京のご当地自慢スポットを巡り、東京メトロ各駅設置のスタンプを集める。

広島ステージは、東京ステージのスタンプラリーの達成者が対象。東京ステージと同様の5つのジャンルごとにピックアップした広島のご当地自慢スポットを巡り、JR西日本各駅設置のスタンプを集めるステージとなる。それぞれのステージを達成し応募すると、ステージごとに抽選で賞品がプレゼントされる。

また、スタンプラリーと同時に「東京×広島 ご当地自慢総選挙」を実施。スタンプラリーで紹介する東京と広島のご当地自慢を、ジャンルごとにどちらが魅力的かをWeb上で投票し、抽選で賞品がプレゼントされる。

実施期間は、東京ステージが6月15日〜7月15日。広島ステージは6月15日〜9月30日。スタンプ設置場所は、「大手町駅」「葛西駅」「半蔵門駅」「浅草駅」「根津駅」「広島ブランドショップ『TAU』」(東京ステージ)と、「広島駅」「呉駅」「尾道駅」「西条駅」「竹原駅」(広島ステージ)となる。その他、詳細は東京メトロ・プレスリリースで確認できる。