ジェニファー・カーペンター

写真拡大

人気ドラマ『デクスター 〜警察官は殺人鬼』で主人公デクスターの妹デボラを演じるジェニファー・カーペンター。私生活では、デクスターを演じるマイケル・C・ホールと2011年12月に離婚し、現在はシングルのジェニファーだが、つい先日、ロマンスが発覚。しかも、相手が妻帯者であったことがわかり、一時は略奪愛の噂もささやかれた。果たして、事の真相はいかに?

米Us Weeklyによると、ジェニファーと交際していると報じられたのは、カントリーシンガーのセス・アヴェット。今週火曜日、妻との別居を公にしたセスだったが、その翌日、彼がジェニファーと付き合っていることが報道された。というわけで離婚の原因はジェニファーにあるのではないかという憶測が広まったのだ。

セスが明かしたところでは、妻とは「しばらくの間別居していた」という。前述の情報筋は、「彼らは長い間、友達関係でしたが、彼と妻が別居に至るまで、恋愛関係は始まりませんでした。やましい部分はありません」と話した。また、2人について、「共通点がたくさんあって、ユーモアのセンスも似ています」と明かし、「彼らの関係は自然体。友人や家族は大いに祝福するはずです。お似合いの2人ですから」と加えた。

さらに、セスの妻も不倫の疑惑を否定。同サイトに対し、「別居にまつわる根拠のない憶測を聞いて驚いています。離婚は私たちにとってつらいことです。皆さんが私たちのため、そして私たちの家族や友人のため、プライバシーを尊重してくださることをお願いしたいです」と述べた。

また、情報筋は「2人が出会ったのは4年前のコンサート。ジェニファーは音楽が大好きで、彼のバンドの大ファンでした。関係はここ数カ月で発展しました」と2人の出会いから現在に至るまでを説明している。(海外ドラマNAVI)



■関連記事
『デクスター』マイケル・C・ホールとジェニファー・カーペンター元夫妻がデート!? 
『デクスター』ジェニファー・カーペンター、離婚は仕事に影響するのか?
『デクスター』カップル、離婚の原因は恋人役の女優!?離婚をめぐって憶測が飛び交う!