”弁の立つ”夫にイライラする毎日--もしかして、それってただの屁理屈?

写真拡大

結婚して3年目になる33歳のMは、一流大学を卒業後、ある有名企業の花形部署に勤務する多忙なビジネスマンだ。勤務態度も良好で、能力も高いため、当然業績はトップクラス。上司からは頼りにされ、部下からは尊敬され、しかもなかなかのイケメンのため、女性社員からの人気も高い。表向きは、特に大きな欠点のないデキる男に見える。

したがって、Mの妻は友達からいつも羨望の眼差しを向けられている。Mは社交的な性格で、口も達者なため、妻の友達との付き合い方もソツがない。よって、Mに対する周囲の評価は今も昔も上々で、まさに理想的な夫だと思われているのだ。

ところが、当の妻はそれによって鼻が高くなるわけではなく、かえってMに対すイライラが募ることもあるというから、夫婦とは不思議な関係だ。妻にしてみれば、そんなMの完璧ぶりが少し鼻につくらしい。傍から聞いていれば、なんとも贅沢だと思うかもしれないが、実際にそういう気持ちになってしまうのだからしょうがない。

妻のイライラは、主にMの頭の回転の速さと饒舌ぶりに向けられている。そういったMの特性が彼の仕事においては有効に機能しているのだろうが、それが家庭内でも発揮されたら妻としてはたまらない。妻曰く、とにかくMは何事においても抜け目がなく、たとえば夫婦間でちょっとした口論になると、ほぼ間違いなく自分が言い負かされるという。

それは、妻がMにひょんな不満を漏らした夜のことだった。

当時、Mはいつにもまして仕事が多忙を極めており、毎日のように残業で帰りが遅くなっていた。もちろん、それが仕方のないことなのは妻も十分わかっているのだが、それでも理屈抜きで寂しさが募り、ついつい夫に不満をぶつけてしまう。

「なんであなたは残業ばかりするの? 家庭より仕事のほうが大事なの?」

妻にしてみれば、自分が子供みたいな駄々をこねていることはわかっていた。わかっていたのだが、それでも言葉に出さずにはいられなかった。ただ、自分の寂しさをMに知ってもらい。自分の気持ちを受け止めてもらいたい。

もしかしたら、それによってMが少し困惑するかもしれない。しかし、そうやって困惑してくれれば、彼にとっての自分の存在の大きさを認識することができる。愛する人を自分の事で困らせてみたいと思うのは、複雑な女心のひとつなのかもしれない。

ところが、一方のMはそれくらいで困惑するようなタマではなかった。生来の頭の回転の速さと弁舌の巧みさを生かして、さらっとこう回答したのだ。

「仕事なんかより、おまえのほうが大切に決まっているだろう。残業しないと、日曜も出勤になって、おまえと一緒に過ごせなくなるから残業するんだよ」

そう言われると、妻はなにも言い返せなくなった。あまりに完璧すぎる正論だったからこそ、それを突き付けられるとグウの音も出なくなる。妻はただひたすら、不毛な質問をした自分を恥じた。なんとなく自分が情けなくなった。

また別のある日、妻は「私と友達どっちが大事なの?」とMに訊いたこともあったという。その当時のMが友達付き合いばかりを優先しており、妻との外出の約束を何度か連続してキャンセルしたからだ。

すると、これに関してもMはさらっと答えた。

「もちろん、おまえに決まっているだろう。友達なんか、しょせんずっと友達のままだけど、おまえとは友達から始まって、恋人になって、今は家族にまでなったんだから」

またも、とてつもない正論である。このときも妻はなにも言葉が出てこなくなった。妻にしてみれば、寂しさのあまり、ただMに不満をぶつけたかっただけ、いや、Mを少し困らせてやりたかっただけなのだが、当のMは一切困惑する様子を見せず、返す刀で完璧な回答を発してくるから、なんともやりきれない気持ちになってしまう。