3部門で受賞した「ビッグバン★セオリー」のキャスト&スタッフ
 - Mark Davis / Getty Images

写真拡大

 アメリカの放送映画批評家協会の中のテレビジャーナリスト部門が主催する第3回批評家チョイス・テレビ・アワーズが発表され、6部門で最多ノミネートされていたテレビコメディー「ビッグバン★セオリー ギークなボクらの恋愛法則」が3部門で受賞、同じく6部門でノミネーションを獲得していたテレビミニシリーズ「アメリカン・ホラー・ストーリー:精神科病棟」が2部門で賞を獲得した。


 ベストドラマ・シリーズでは「ブレイキング・バッド」と「ゲーム・オブ・スローンズ」が同時受賞を果たしている。主な受賞結果は下記の通り。(澤田理沙)


ベストドラマ・シリーズ賞

「ブレイキング・バッド」

「ゲーム・オブ・スローンズ」


ベストコメディー賞

「ビッグバン★セオリー ギークなボクらの恋愛法則」


主演男優賞(ドラマ部門)

ブライアン・クランストン 「ブレイキング・バッド」


主演女優賞(ドラマ部門)

タチアナ・マズラニー 「オーファン・ブラック(原題) / Orphan Black」


主演男優賞(コメディー部門)

ルイス・C・K 「ルーイ(原題) / Louie」


主演女優賞(コメディー部門)

ジュリア・ルイス=ドレイファス 「ヴィープ(原題) / Veep」

ほか