ファッション業界をリードするバーグドルフ・グッドマン

写真拡大

米ニューヨークの老舗デパート、バーグドルフ・グッドマンの裏側に密着したドキュメンタリー映画「ニューヨーク・バーグドルフ 魔法のデパート」(原題:Scatter My Ashes At Bergdorf's)が、今秋に東京・渋谷Bunkamuraル・シネマほかで順次公開されることが決定した。カール・ラガーフェルドやクリスチャン・ルブタン、マーク・ジェイコブスら一流のファッションデザイナーたちが、伝統と革新さをあわせもつバーグドルフ・グッドマンについて語る。

ブランドショップが多く立ち並ぶマンハッタン5番街にあるバーグドルフ・グッドマンは、1901年にオープンした創業112年の格式高いデパート。新人デザイナーの発掘や、芸術的なウィンドウディスプレイなど、常に斬新なアイデアでファッション業界をリードしてきた。本作では、一流デザイナーの登竜門でもあり、モデルやセレブたちを魅了する世界一のデパートの裏側にカメラを向け、創業者の思いや伝統を支える人々のドラマに迫る。

ラガーフェルド、ルブタン、ジェイコブスのほかにも、ベラ・ウォンやトム・フォード、トリ・バーチ、ジョルジオ・アルマーニ、ダイアン・フォン・ファステンバーグ、マノロ・ブラニクといった世界的デザイナーたちが名を連ねた。また、メアリー=ケイト&アシュリー・オルセン姉妹やニコール・リッチーらファッショニスタとして有名なセレブをはじめ、「セックス・アンド・ザ・シティ」「プラダを着た悪魔」の衣装を手がけたスタイリストのパトリシア・フィールドも出演。俳優のウィリアム・フィクトナー(「アルマゲドン」「プリズン・ブレイク」)がナレーションを担当した。

■関連記事
志茂田景樹、「個を通すこと」とファッション観語る
叶恭子、所有するハイヒールは3000足?「“お靴”が語りかけてくる」
内田裕也、60年代のニューヨーク滞在を振り返る
世界最高峰のオペラ歌手N・デセイの「椿姫」を追うドキュメンタリー公開
エイミー・ワインハウスのドキュメンタリー映画製作へ