草間彌生と大野智がデザイン 24時間テレビチャリTシャツ発表

写真拡大

 日本テレビが6月14日、「24時間テレビ36 愛は地球を救う」のチャリTシャツを発表した。前衛芸術家の草間彌生と嵐のリーダー大野智が共同制作した今年のTシャツは、四季をイメージした花やハートがモチーフのカラフルなデザイン。汐留の日本テレビ本社で開かれたお披露目イベントには約2,000人のファンが集結し、大きな歓声が沸き起こるなか、大野智が「一つ一つのドットの中に飛び出してしまうくらいの溢れる愛を表現しました」とデザインのポイントについて語った。

24時間TVチャリTシャツのデザイン発表の画像を拡大

 昨年も現代美術家の奈良美智とコラボレーションして歴代チャリTシャツ1位となる76万4,198枚の販売数を記録した大野智は、嵐の活動と並行して熱心な創作活動に取り組んでいることで知られている。今日行われた発表会で大野智は、共同制作した草間彌生について「まさか自分がコラボして良いの?という感じだった。最初は凄くドキドキしていたけど、非常に気さくで話しやすい人だった」と印象を話した。両氏は昨年末に行われた対談で初めて出会い、春からチャリTシャツを制作する中でお互いを「ヤヨイちゃん、オオちゃん」と呼び合うほど仲を深めたという。

 Tシャツは今年の24時間テレビのテーマ「ニッポンって...?〜この国のかたち〜」にちなんで日本の四季にインスピレーションを得た春のピンク、夏の水色、秋の黄色、冬の白という初の4色展開。草間彌生が仕上げたデザインに繊細なタッチで細かなドットやハート、草間の顔などを描き加えた大野智は、「自分の中でも今までにない仕上がり」と出来栄えを自己評価した。

 日本テレビは今日正午からチャリTシャツの販売をスタートし、汐留の日テレホール・チャリティTシャツ&グッズ特設会場には多くの女性が列を作った。Tシャツは同日から日テレ屋(東京駅店)やツリービレッジ(東京スカイツリータウン・ソラマチ内)、15日から全国のイオングループ店舗やランキンランキンの一部店舗で取り扱われる。価格は1,500円(税込)。

■24時間テレビ 愛は地球を救う
 http://www.ntv.co.jp/24h/