「ニコニコ自作ゲームフェス2」開始! 前回の受賞作を振り返る生番組もあり

写真拡大

ドワンゴは、動画サービス「niconico」にて、動画投稿型のゲームコンテスト「ニコニコ自作ゲームフェス2」を6月13日よりスタートした。作品の応募締切は10月6日。

「ニコニコ自作ゲームフェス」は、自主制作ゲーム作品などを対象とした動画投稿型のゲームコンテストで、「自作ゲームクリエイター」「ゲームプレイヤー」「二次創作作品制作者」の3者をつなぎ、ゲームカルチャーのより一層の活性化を目指すもの。2013年2月〜4月に行われた第1回では、総応募数が400件を超え、大賞作品は40万回を超える動画再生数、また180件以上のゲーム実況やゲームプレイ関連動画が投稿されるなど、大きな盛り上がりを見せていた。

今回のコンテストでは、デジタル、アナログ、アプリといったプラットフォームやゲームのジャンル、応募資格などはすべて不問で、無料で公開されているゲームが対象となる(ただし2013年6月1日時点で未発表のもの)。応募は制作したゲームの紹介動画を指定の手順でniconico上に投稿すれば完了。審査はその動画の再生数やコメント数、そして実際にゲームをプレイしたプレイヤーの反響を加味して行われるという。

用意される賞は「大賞」のほか、協賛企業が選ぶ各賞(ねとらぼ賞、ゲームマーケット賞、窓の杜賞など)で、大賞にはゲーミングノートPCが贈られる予定。授賞式は、アークライトが主催する国内最大級のアナログゲームイベント「ゲームマーケット2013秋」にて執り行われる。なお、今回の開催にあわせて、第1回の受賞作品を紹介する番組「自作ゲーム52作品24時間ぶっ通しゲーム実況」がニコニコ生放送にて放送されるという。放送は6月15日22:00より。