<サントリーレディスオープンゴルフトーナメント 2日目◇14日◇六甲国際ゴルフ倶楽部(6,537ヤード・パー72)>
 国内女子ツアー「サントリーレディスオープンゴルフトーナメント」の2日目。全選手がスタートした時点で、前半にスタートした韓国のリ・エスドが通算8アンダーで単独首位に立った。6アンダー2位タイからスタートしたリ・エスドは、3バーディ・1ボギーで2つスコアを伸ばし首位にたった。6アンダー2位タイに岡村咲、金田久美子の2人、5アンダー3位タイグループには、藤田幸希、比嘉真美子、成田美寿々の3人がつけている。
 前日バーディラッシュで単独首位に立っていた成田は、この日トリプルボギーを叩くなどスコアを3つ落とし3位タイに後退、2日目を終えた。
 また、後半スタートの森田理香子は、スタートホールの1番でボギーをたたくも続く2ホールを連続バーディで1つスコアを伸ばし24位タイに順位を上げ、3番を終えた。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連記事】
比嘉真美子、“全英”出場に向けて好スタート!「絶対行きたい」
成田美寿々、ベストスコアの“64”で自身初の初日首位発進!
ボールに泥が付いた時はどう対処する?鈴蘭隊長が実験
ゴルフ好きな美女を紹介!「今日の美ゴ女」
各ツアーの賞金ランキング