受動喫煙が子供の脳に悪影響 攻撃的になる可能性も モントリオール大調査

写真拡大

幼少の時期までに受動喫煙にさらされていた子供は、非社会的な大人になるちょっとショッキングな研究結果が最近発表されました。

今回の研究では、約2,000人の子供の誕生から10歳になるまでのデータが分析されてました。受動喫煙の有無と程度、学校の先生や子供自身からの学校での態度なども含まれています。

「この結果は、母親が妊娠中に喫煙していたとか、家族環境が非社会的であるといったこととの関係は考慮されていません。それでも、幼少時代の脳はまだ発達段階にあるため、受動喫煙は特にその影響が考慮されます」とカナダ、モントリオール大学のリンダ・パガニ氏。

受動喫煙が一時的なものであっても、4年生を終わるころには子ども自身が自分を攻撃的だと判定する率がずっと高いという数字も出ています。

直接の相互関係は究明されていませんが、統計上の数値をみる限りでは、その子供が受動喫煙にさらされていたかどうかにより、将来の社会への適正を予測することができると言えます。


※当記事は、ハイブリッド翻訳のワールドジャンパー(http://www.worldjumper.com)の協力により執筆されました。


参考:Second-hand smoke can turn children into aggressive adults
http://www.bangaloremirror.com/article/44/201305222013052218581143e589b003/-Secondhand-smoke-can-turn-children-into-aggressive-adults.html?pageno=1