新米パパ・ママ必見! みんなが「育児情報」を得ている方法は?

写真拡大

みなさんは、育児に関して不安を感じたことはありませんか? 特にパパ・ママになりたてのころはいろいろと心配なことも多いはず。子どもの病気やしつけ、離乳食のレシピなどわからないことがあったとき、どうやって調べたらいいかわからないという人も多いのではないでしょうか。今回は、お子さんをお持ちのファミリーを対象に、育児についての情報を入手する方法や、みんなが知りたがっている情報について調査しました。育児に不安を抱えている人や、これから親になるという人も、育児の参考にしてみてください。

■インターネット検索が増える一方で、「親」や「ママ友・パパ友」に頼る人も多数!

Q.あなたは、「育児」についてわからないことがあったとき、主にどこから情報を入手していますか?

《会社派の選択理由》インターネット……:49.9%自分の親から聞く……:44.4%ママ友・パパ友に聞く……:44.1%友だちに聞く……:25.8%育児情報誌……:13.6%書籍……:13.3%保育士から聞く……:11.3%病院……:8.7%教育番組……:8.1%※「その他」を除く

育児に関する情報の入手元として最も多かったのは、約半数の人が回答した「インターネット」でした。「調べやすい」(36歳/男性/通信)や「手軽だから」(33歳/女性/生保・損保)など利便性を重視する意見のほか、「友達に子供がいる家庭が少なく、インターネットで情報を入手しています」(21歳/女性/通信)といったように、周りに育児に関して聞けるような知人がいないためインターネットを利用するという人も少なくありませんでした。インターネットだと自分の好きな時に気になる情報が気軽に入手できるので、重宝している家庭が多いようです。

次に多かったのは「自分の親から聞く」「ママ友・パパ友から聞く」など身のまわりにいる経験者に直接聞くという人でした。「経験者なので、自分の時はどうだったかを聞く」(45歳/男性/情報・IT)や「同じ悩みを抱えていることが多いから」(30歳/女性/金属・鉄鋼・化学)といった意見のように、自分の親や友達なら気軽に尋ねることができ、また同じ悩みを抱えたもの同士で情報交換ができるというメリットがあるようです。

また、少数意見の「保育士に聞く」や「病院」は、「プロにきくのが一番」(30歳/女性/建設・土木)や「信頼できるから」(28歳/女性/食品・飲料)といった意見が多く、確かなアドバイスをしてくれる専門家に育児について相談してみるのもおすすめできそうです。では、育児に関してみんなが知りたがっている情報とはどういったものなのでしょうか。

■よく調べているのは、「病気」と「しつけ」!

Q.具体的に「育児」のどんな情報についてよく調べていますか?子どもがかかりやすい病気について……:40.0%しつけの仕方……:39.4%離乳食やレシピ……:18.6%イベント情報……:17.1%育児体験談……:17.1%保育園や幼稚園について……:15.9%子ども連れで行けるお店……:15.7%子ども服……:10.7%おもちゃ……:10.1%子どもが喜ぶ遊び方……:9.9%※「その他」を除く

育児に関する情報としてみんなが最も気になっているのは「子どもがかかりやすい病気について」でした。「病気は一番心配だから」(46歳/女性/飲食店)や「医学的な知識がないので、自分たちで判断できないから」(26歳/女性/医療品・化粧品)といったように、やはり親は子どもの健康を第一と考え、病気に関する情報には敏感になるようです。

次に「しつけの仕方」について調べている人が多いことが分かりました。「自分のしつけがあっているのか気になるので」(28歳/女性/建築・土木)や「どう褒めてどう叱るか分かりにくい場合、教育者の意見を参考にできるから」(46歳/男性/運輸・倉庫)など、自分のしつけについて不安を感じている人が多く、先輩ママや専門家などの意見を聞くことで参考にしようとしているようです。